2014年06月08日

お墓のリフォーム:今回は、墓地の移設と合わせて、外柵リフォームのご依頼を頂きました。

IMG_5607-2.jpg

 この墓地は、私共にとって本当にご縁のある墓地で、墓地の改修工事や、補修、新規建立など多くの仕事のご依頼を頂いております。

今回のご依頼は、現在の墓地位置を上の写真後方の切り株の辺りへ、移動しようという案件で、それに合わせて、外柵(墓地廻りの囲い石)も新設したいというご要望です。

この墓地は、古い集落墓地で、墓地面がそのまま山の法面の様な形状ですので、施工時にきちんと水平出しをしますが、いかにコストを掛けずに、平均的に外柵を設置するかも同時に検討します。

色々と考案した結果、間石積み(お城の石垣のような物)ではなく、石板でぐるりを囲む外柵デザインとしました。
こちらの方が、お手入れもしやすく、また汚れも付きにくいという判断もありました。

使用する石種も、インドのアーバングレーという石種で、本来は外柵ではなく墓石本体に使用する石材ですが、この石は吸水率が殆ど無く(建立後の経過を見てきた実感です)、ツヤ落ちもないので、廻りが木に囲まれた森のような墓地環境には、とても適していると思い、お施主にお勧め致しました。
ご予算は、多くなりますが、永代に渡って受け継がれて行くご家族のシンボルとなる「お墓」ですので、お施主も快く承諾して下さいました。

 さて、この現場、何の問題もなく無事完工することを願います。



ご閲覧ありがとうございました。









posted by キムラです。 at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。