2014年10月23日

お墓の建立工事:新城市で墓地の現場確認 真壁石(茨城産)

 お墓の御見積依頼を頂いた場合、必ず建立場所の確認を行います。



公営墓地のように、区画サイズがわかっていても、お隣にはどのようなお墓が立っているか、また集落墓地で
あれば、どのようなデザインのお墓が多いのか、和型なら二段型が多いか三段型が多いか、墓誌版は、どの位置に設置されているか、使われている石種は、など、ただ墓地サイズを測って来るだけではなく、地盤の確認など、出来る限りの情報を集めてきます。

 特にデザイン墓の場合は、この時の情報が多ければ多いほど、お施主にアドバイス出来る量も多くなりますので、お墓を作る本人になったつもりで、墓地内を観察します。
__ 4-2.jpg

__ 11-2.jpg


墓地の現地確認を済ませた後は、お施主の大まかなご希望をお伺いし、デザインを考え、図面を引きます。

実は、お墓は現場で施工する前の、打合せにとても時間がかかります。

いや、私は特に時間をかけるようにしています。

何事も手間をかければかけるほど、良い結果が出ると、私は思っています。


ご閲覧ありがとございました。   木村



posted by キムラです。 at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。