2016年01月31日

シンプル・イズ・ベスト 尾張旭市平和墓園

高級石材 インパラブルーを採用した、とてもシンプルなお墓が完成しました。

isinokimura pure-to-2.JPG


このデザインは、当店のオリジナルデザインですが、シンプルなデザインと共に、普段のお墓のお手入れが
とてもしやすいように、工夫されています。


一見、お線立てやローソク立てが無く、どこにお供えしたらよいのか分かりませんが、きちんとお線香立ても
ローソク立ても備えてあります。


高さはありませんが、逆にそのメリットとして、お墓をお掃除するときには、お水でさーっと流してあげれば
ご自身にお水が掛かることもなく、お掃除ができます。


最近のデザイナーデザイン墓石も、お線香立て、ローソク立て、そして花筒も備えていないデザインが考案
されてきました。

また、そのようなお墓をご希望されるお客様も増えてきました。



お墓の元は、昔、良源(りょうげん)という偉いお坊さんが、「私が亡くなったら、土に埋め、その上に石の卒塔婆を建てなさい。そして時々には来て、お参りしてお経を上げ、私たちの罪過を悔い改めなさい」と、お墓参りをすることで、供養する人、される人が共に減罪されひいては極楽往生をする、という思想の始まりで、そこにはお線香もローソクも存在しませんでした。



お墓参りは、もっと気軽に、お線香もローソクも、お花もなくて構わないので、気が向いたらちょっと立ち寄ってみる。

そんなお墓参りのスタイルがあっても、良いと思います。




今回のお墓デザインは、お手入れがホント、楽ですよ。




開眼式を待つお墓
isinokimura pure-to-1.JPG




ご閲覧頂き ありがとうございます。



石のきむら きむら





posted by キムラです。 at 22:29| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする