2016年06月25日

墓地にステンレスの手すりを設置  尾張旭市聖平坂墓地(川南墓地)

ブログのアップがなかなか出来ず、一か月が過ぎてしまいそうなのでコツコツとパソコンを叩いています。

昨年暮れからの工事は、三月から四月頃までに完成予定が多く、五月、六月の間は、お盆までの完成や、今年後半から、来年完成予定のお客様との打ち合わせで、デスクワークが中心となります。

また、私の地元公営墓地は、毎年5月に墓地の受付を1ケ月間しますので、そういった意味からも、6月以降から、後半にかけて繁忙期となってきます。
ただし、今年は年に一回だった公営墓地の受付が、今年は秋にも受付をするようなので、墓地の申し込みを忘れてしまった方は、秋の受付開始を待ってお申し込みをされたらよろしいかと思います。



さて、デスクワークの甲斐があってか(もちろんお客様のおかげです)、おかげさまで来年の分までご依頼を頂き、市内はもとより、豊田市、大垣市、清須市、安城市、半田市方面など、只今十数件の新規建立を承っています。


本当にありがたいことです。


しかし、甘んじる事なく、今まで以上に精進しなければいけません。


それで、今日のブログテーマの「墓地にステンレスの手すりを設置」ですが、以前墓地区画整理を承った墓地管理組合様から、今回は墓地内に、手すりを設置してほしいとのご相談を頂き、この度、やっとの思いで完成したので、その内容をご報告したいと思います。 →過去のブログ

やっとの思いと書いたのは、実はこの案件は昨年からの案件で、それがこの時期までずれ込んだ訳は、予算の折り合いが付かなかったという理由からです。

決して、管理組合様の予算が厳しいという事ではなく、私が当初踏んでいたステンレス手すりの製作見積が、大幅に違っていて、「なんでそんなに高いの?」というステンレス製作会社からの見積提示が続いていたのです。

これは私の算段が間違えば、そのまま施主への見積もりに反映してしまうので、製作業者の見積もりを、「はい、わかりました。」と、簡単には受け付ける事が出来ません。

施主へ御見積を出す前に、私自身が納得のいかない見積もりを出すわけにはいかず、何社とも掛け合い、「やっとの思いで」納得のいく製作業者を探し出した訳です。

でも、努力した結果、施主にも喜ばれ、出来栄えも素晴らしく、ご年配の方が安心して掴まる事のできる「手すり」が完成して、私も肩の荷がおりました。

では、百聞は一見にしかず、ご覧くださいませ。

聖平坂墓地ステンレス手すり (3).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (2).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (4).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (5).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (6).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (7).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (8).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (9).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (10).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (1).JPG














posted by キムラです。 at 17:25| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

尾張旭市平和墓園受付結果

平成28年度の尾張旭市平和墓園の受付が5月31日に終了しました。
今年の受付件数です。

2u区画 募集区画数50に対し 23件

3u区画 募集区画数 5に対し 13件

4u区画 募集区画数 5に対し  5件

以上の結果なので、2u区画と4u区画にお申し込みされた方は、多分無抽選で権利獲得になると思います。


昨年は、2u区画は受付数が42件
でしたので、大幅な減少となりましたが、3u区画と4u区画は、ほぼ昨年と同じ受付件数となっています。

今年の受付結果から私個人が思う事は、現在または将来的にもお墓を建立するという意思がより明確な方が申し込みをされ、とりあえず墓地だけ確保しておこうか、という方は申し込みをされなかった、という事でしょうか。

それは、旭平和墓園は建立期限(墓地を確保してからお墓を建立するまでの期限が定められていること。瀬戸市の春雨霊苑では、三年以内に建立しなければいけない)のない公営墓地の為、今でもお墓の建っていない区画が多くある事から推測されます。

また、昨今の「墓じまい」や、「永代供養」などがメディアなどで多く取り上げられた為、供養の仕方として、「お墓」だけでなく、色々な供養の方法を選択できるようになった事も一つの原因かもしれません。

行政や寺院が「樹木葬」や「合祀」を開発、展開させることでお墓を建てる事への使命感が薄れてきているのも事実だと思います。

「心のよりどころ」として一族の要ともなっていた「墓」ですが、その人生の終焉を飾るお手伝いをする私達も、今大きな変化を要求されています。

これからは、「お墓を持っている家」と「お墓を持っていない家」とが両存する事になると思いますが、「お墓」は、「心のよりどころ」となる事には間違いない事なので、是非、慎重に人生の終焉を飾って頂きたいと思います。


それと老婆心ではありますが、旭平和墓園の申し込みを検討されていらっしゃる方は、早めに墓地を確保された方が良いと思います。

なぜかというと、新しい墓地区画の2u区画は現在墓園駐車場から一番遠いN区画となっていますが、今ならまだN区画の入り口近くになります。

毎年受付区画が入り口から奥の方へ移って行くので入り口から遠くなり、さらに奥の方は森に近づく為、冬場の落ち葉が多くなります。
また、森に近づくことで墓石に花粉などが付きやすく、汚れの原因となります。

前記に明記したように、旭平和墓園は墓地を確保した後の建立期限がないので(平成28年5月時点)、生前墓も含め、お墓を建てるご予定の方は、墓地だけ早めに確保された方が良いと思います。


旭平和墓園案内図.jpg

Nkukaku.jpg
















posted by キムラです。 at 12:33| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする