2018年10月31日

カーサメモリアFUGA 東京都多磨霊園

東京都多磨霊園での工事が無事完了です。

カーサメモリアFUGAのカスタムデザインですが、使った石はインドの最高級石材PAN。

ピアノ塗装のようなきめの細かい純黒がとても美しい石材です。

デザインも御施主がエンジニアのお仕事をされていらっしゃったので、具体的な寸法までご指示頂き、スムーズにデザイン制作が進みました。

しかし、遠方からのご用命でしたので、後々のアフターサービスが万全に対応出来るのか、またお客様にご迷惑をお掛けすることにならないか気になり、地元石材店へもご相談されたのか確認をさせて頂きました。

お伺いすると色々と検討をされたとの事で、その中から弊社をお選びいただき、特にカーサメモリアの建立実績を評価されてのご用命とのことでした。

嬉しい限りです。



通常の洋型墓石と違い、カーサメモリアのようなデザイン墓石は、御建立される「墓地の大きさ」にあわせてカスタマイズ
する必要があります。

ただ間口と奥行きを変更するだけですと、とてもアンバランスなデザインになってしまう為、全体的にバランスを考えデザイン
を作り直します。

そこに御施主の「想い」を形にするため、さらにデザインを練っていきます。

当然、デザイン図面の回数は多くなり、5回〜6回、7回・・・と多くなることもあります。

弊社は何度図面を修正しても才単価が決まっていますので、いつのまにか値段が高くなってしまったということもないため、お客様も妥協することなく、たった一つの「ご家族のシンボルとなるお墓」創りに集中できるのかもしれません。

後々に残る私どもの仕事の証でもあるので、一時の手間を惜しまず、誠心誠意、御施主の期待に応えられるよう、努力をしていきたいと思います。



さて、今回のFUGAデザイン。

前出のように御施主の明確なご指示を頂けたので、外柵前部の微妙なR形状や、上部と底部の幅、また須弥壇前方の巾木R加工、台石にロイヤルブラウンを使うなど、とてもお洒落でありながら凛とした雰囲気を醸し出す石碑が完成しました。

また、中央の香炉ですが、ここにも御施主のアイデアが詰まっており、何の変哲もない前置き石に見えますが、実は蓋と器のツーピースになっていて、その中に香皿が収まるようになっています。

お手入れがしやすいようにとの御施主の優しいご配慮です。




一つ完成したら、次のお墓創りに入る。

ひとつひとつ、コツコツと「想像」をしながら故人への想いを形にしていく。

すべてのご縁に心から感謝し、皆様のお役にたてる石屋として精進していきたいと思います。



ご閲覧していただき、ありがとうございました。

IMG_4402.JPG






posted by キムラです。 at 18:08| 愛知 ☀| Comment(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

もう十月も終わりに近づいています。

仕事にかまけてブログの更新が遅れていました。

前回の投稿が8月だったので、二カ月ほどアップ出来ずにいましたが、Facebookの方で時折アップしていますので、よろしければそちらもご覧頂ければと思います。

石のきむら Facebook
https://www.facebook.com/isino.kimura/



さて、今年の酷暑が過ぎ、肌寒い季節になりましたが、コンビニではクリスマスケーキの受付なども始まっていて、年末のあわただしさを感じだしました。

今期は例年になく多忙を極め、県内はもとより、東京都の多磨霊園、遠くは栃木県の日光市からも御用命を頂いており、
また、墓石価格に関しての問い合わせも多く、現在でも石材店による価格差はかなり大きいことが伺えます。

それと最近特に多くなった問い合わせが、「供養」に関する具体的な方法で、毎日のようにご質問を頂いています。

葬儀をした後、お寺との付き合いは必要なのか、戒名は付けなければいけないのか、お墓はないけど葬儀の後、御骨はどうすればいいのかetc...

確かに聞くべき人がすでにお見えにならない場合が多いので、どこへ問い合わせをしたらよいのか、分からないのが実情だと思います。

そんな時、葬儀屋だとそのまま商談に持ち込まれそうな気がするのか、間接的な石屋に問い合わせをされるのかもしれません。

事実、私共は寺とも葬儀屋とも何らしがらみがありませんので、率直に私の経験や意見をご参考までにお伝えしています。

でも、正直申し上げて、それらの疑問はお寺が解決してあげる事だと私は思うのですが、一般の方達にはそれが浸透していないようです。



話は変わって、最近の墓石建立状況ですが、ますます洋型、といっても従来からあるオルガン型の角ばった洋型ではなく、デザイン墓石が圧倒的に多くなってきました。

それらをお選び頂く理由は、やはり「耐震」に対して「強い」というイメージからでしょう。

和型墓石でも同じように免振、耐震施工を施すのですが、その機能プラス、「個人の思いを形にする」我が家だけの墓石を創る事が出来る、その点が高く評価されているようです。

現時点で26基のご用命を頂いており、やはり洋型、特にカーサメモリアのデザイン墓石が選ばれています。

その中でも最近多く選ばれているのが、SAKURAデザインです。


sakura_02.jpg


今月sakuraデザインで二基完成しました。

sakura001.png

sakura01.png



上のSAKURAデザインは、オリジナルの黒御影を青い結晶がとても綺麗なインパラブルーに変更し、ほぼオリジナルサイズでのご建立です。

下のSAKURAデザインは、リサイズしてありますが、竿石後ろの屏風前面と裏面に見事な影彫りが施してあります。
こちらも使用した石はインパラブルーです。


年内完成のデザインは、en1のカスタム仕様
en2_img_01.jpg

fugaのカスタム仕様
fuga_02.jpg


gouのリサイズデザイン
gou_img_01.jpg

yukaとmiyabiの混合カスタムデザイン
miyabi2_img_01.jpgyuka_img_01.jpg


tsubomiとtsubomi2の混合カスタムデザイン
tsubomi1_img_02.jpgtsubomi2_img_01.jpg


ten2のリサイズデザイン
ten2_img_01.jpg



tamakiオリジナルデザインの石種変更バージョン
tamaki2_sara02.jpg


そしてsakura,yukiwa,takumi1,sora1,の混合カスタムデザイン
sakura_02.jpgyukiwa_01.jpgtakumi_01 (2).jpgsora_01.jpg



などその他新しいデザイン案が続きます。


もちろん和型墓石、当店オリジナル洋型墓石もあり、さらに新しいカーサメモリアのカスタムデザインのご相談も頂いていますので、
日々デザインのバランスを考え、奮闘しています。




今年五月にOPENした名古屋東樹木葬墓地もすでに63基ものご契約を頂き、ご供養の選択肢が広がったことに、私もとても嬉しく思っています。

IMG_3983.JPG



皆様からご信任を頂いたご縁をしっかりと肝に銘じ、職人、事務員共々、一基一基気を引き締めてしっかりと組み上げて行きたいと思っています。




本当にありがとうございます。心から感謝し、ありがたく存じます。



石のきむら 木村 泰長










posted by キムラです。 at 12:28| 愛知 ☁| Comment(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする