2014年07月06日

墓石新規建立:岐阜県土岐市駄知町 M-1-H(インド産)インパラブルー(南アフリカ)

 古くからの集落墓地は、その地域の地形に合わせ、墓地として使用できる場所を確保していた
ようですので、この様に山の斜面に墓地がある所は珍しくありません。

土岐渡辺家現場.JPG

墓石の施工は、問題ないのですが、建立場所まで製品を上げるのが、かなりの作業量となります。

たいていは、回り道などで近くまで行ける作業用の道がある場合が多いのですが、今回は迂回路もなく、
墓地内の通路を利用し、荷揚げをする事になりました。

建立地
土岐渡辺家現場2.JPG


荷揚げさえ済めば、後は通所通り防湿シートを敷設した基礎工事をして、組み上げるのみです。

今回の墓石は、施主が自らデザイン画を書き、使用する石種も数種類使って、かなり手の込んだ
和型デザイン墓石となっています。

完工後は、お墓開きを待つ間、「晒(さらし)」を巻き、出来る限り汚れがつかないよう、養生シート
を貼って、その時を待ちます。
土岐渡辺家完成.JPG


ご閲覧ありがとうございました。   木村


posted by キムラです。 at 21:12| Comment(0) | 完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。