2014年09月03日

大切なお墓を守る画期的な基礎施工 防湿シート!!

bousitu.jpg


 墓石に防湿シート?


えっ、と思われる方がほとんどだと思いますが、住宅の基礎コンクリートの下(もしくは捨てコンの下、また

は上)に、地中からの湿気を防ぐために防湿用のシートを敷設しますが、

これは一般住宅建設時に使われる工法で、これを墓石の基礎にも採用しようという試みです。



実は、当店への質問や相談に、石材の吸水に関する事柄がとても多く、

一般の方々の墓石選びの一つの基準になっていることは、間違いのないことで、

かつ、一番心配されていることだと常々感じておりました。



私も、施工後の墓石を年二回ほど毎年点検しているのですが、晴天が続いていても

墓石の接地面や、外柵の接地面に吸水の後が長く残っている事があります。

そうです、地中からの湿気を石が吸い込んでいるんですね。



地上に出ている部分は、雨などで濡れても雨が上がれば、わずかに吸水した部分も

いずれ蒸発して乾きます。

しかし、地下からの湿気は絶えず上がってくるので、乾く事がありません。

この問題は、以前から対策を考えていましたが、防湿シートを敷設したら

どうか、と対策を考案し、建築士や大工の棟梁などにも相談し、施工上の注意点を

考慮しながら、施工テストを繰り返し、墓石基礎への防湿シート敷設を実行することにしました。

実際、私自身の目で防湿シートを敷設した基礎の現場を確認しましたが、雨上がりの吸水は、

明らかに違っていました。



防湿シート.jpg




 墓石の才単価公開の時も、賛否両論、色々なご意見を頂きましたが、

しかし、現在では墓石の価格公開は当たり前になっています。


今回の、墓石基礎防湿シート敷設は、たぶん初めての試みだと思いますので、

また、色々なご意見がお聞きできると思います。


でも、大切な墓石のためには間違いなく良い事ですので、御理解いただける

施主には是非お勧めして行きたいと思っています。





ご閲覧有難うございました。   木村





posted by キムラです。 at 17:23| 愛知 ☀| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。