2015年02月15日

お墓の彫刻 松の影彫り   尾張旭市平和墓園

 お墓に文字だけでなく、色々な柄を彫刻することがとても多くなりました。

洋型に限らず、和型墓石でも増えてきています。


今では彫刻技術もすごく発達し、色々な彫刻技法で、思い出の品や、お気に入りの柄を墓石に彫刻することが

可能になりました。


今日、お墓開きをさせて頂いたお墓にも、亡きご主人がいつもお手入れをされていたという「松の木」の小枝

を影彫りで再現致しました。

__ 2.JPG

__ 4-1.JPG




 お施主にも「松の小枝」の影彫りに喜んで頂き、お墓も墓誌版を組み込んだコンパクトなデザインで、また

墓前灯篭のような石製ローソク立てが独立して設置してありますので、機能的かつ高級感溢れるデザインだと

私も自負しております。

実は、この墓前灯篭のようなローソク立てのあるデザインですが、当店の一番人気のデザインです。

__ 4.JPG

 立派なお墓が出来上がり、一安心しました。

今後とも末永くお付き合い頂けますよう、お願い申し上げます。

ありがとうございました。



 

 さて、前出のお墓に彫る技法ですが、今回の影彫りの他に 拝石(はいせき)部分によく使われる「サンドブラスト」

花がらなどによく使われる立体彫刻「ファントーニ」などがあります。

また、彫刻ではなく、図柄を石で作り、それをはめ込む技法「象嵌(ぞうがん)」もあります。


サンドブラストによる拝石彫刻
DSCN1508.jpg

ファントーニによるカサブランカ彫刻
IMG_2111.JPG

象嵌(ぞうがん)による花がら 桜
IMG_5449-2.jpg

IMG_4234.JPG

影彫りによるカロート内の釈迦
IMG_5447.JPG




 ご覧のように現在では、色々な方法で彫刻を施す事が可能になっています。

お客様が書かれた書体や図柄、また写真なども彫刻可能です。

 お墓建立時には、是非石屋さんに相談してみてください。



彫刻だけでもオリジナルにすることで、ご家族の気持ちのこもったお墓になると思います。



 木村




ラベル:彫刻
【関連する記事】
posted by キムラです。 at 21:14| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓へのデザイン彫刻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。