2015年10月27日

お墓の建てかえ 抜群のセンスでグッドデザインなお墓が完成しました 〜 大府市知北霊園

 とても斬新な、しかし落ち着いたお墓の完成です。


お施主からのアイデアを図面に起こし、それを元にまた新しいアイデアを加え、また変更したりしながら

幾度もデザインを考え、完成したお墓です。


石材の設定から、その石材の色目とのバランス、またどこにその石材を採用するか。


ただデザインだけにこだわらず、機能面なども充分に考え尽くしてお施主が創り上げました。

柴田家開眼式11.jpg



 採用した石材は、インドの高級石材カラハリ。

とても難しい石材ですが、外柵(がいさく)には、両側に長尺一本物を採用。


墓石正面へ導く拝石には、本体と同じ色目の石材を使い、厳かな気持ちで墓前へ向かう事になります。

 
 納骨室のカロート口も、組込墓誌の内側にもう一枚、石板のカロート蓋を設置し、ご納骨の際も厳かな作業を要求する設計となっています。




 開眼式当日は、雨の予報でしたが雲一つない素晴らしい晴天に恵まれ、和尚の開眼法要を聞き入る私も心正しく導かれる思いでした。

柴田家開眼式1.jpg



 今回の建墓は、色々な意味で勉強をさせて頂き、得ることが多かった建墓工事でした。





  ありがとうございました。     木村




 









posted by キムラです。 at 21:56| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。