2016年01月30日

今年初の開眼式  尾張旭市平和墓園

天気予報が、開眼式当日は雨でしたので心配でしたが、前日から雨が降り出し、当日も傘を用意しましたが降雨が一日早まったようで、その心配の必要はなくなりました。

お墓開き
DSC_0001-2.jpg



実はこちらのお墓、最初に建立後、建て替えをしたお墓です。



当初、コンパクトなお墓がご希望とのことでしたので、小さめのサイズの洋型をご提案し、建立致しました。

最初に建立したお墓がこちら
IMG_9417-2.jpg



出来上がって施主奥様に立ち合い確認をしてもらいましたが、その前で私と二人「う〜ん・・・・・」

やはり何か物足りないな、と思っていましたが施主も同じ思いの様です。




「完成しましたが、いかがでしょうか・・・」

「え〜っと、なんかしっくりとしないんですけど・・・」

「ですよね・・  やはりもう少し外柵を大きくした方がいいかもしれませんね」

「でも、完成してますから、修正は無理ですよね・・・・・」

「いえ、やりましょう。まだお墓開きは先ですし、最初から作り直ししましょう!」

「いいんですか?!」

「大丈夫です!お任せください」




という訳で、新しい外柵や追加部品のみご予算を頂き、使わなくなった外柵部材は店の展示品として無料で引き取らせて頂きました。




後日出来上がったお墓がこちらです。
DSC_0004-2.jpg




立派になりました。

今度は、私も施主も納得です。

DSC_0003-2.jpg





今回、初めてのケースでしたが、私自身も今一つ納得がいかなかったので、すべて建て直しましたが、やって良かったと思います。


何より施主がお喜びになられたことで、私も一安心です。




でも、職人共々、大変でしたけどね。




ご閲覧ありがとうございました。




石のきむら 木村




posted by キムラです。 at 23:09| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック