2017年12月07日

建碑式 尾張旭市平和墓園 インドクンナム

先日のお墓開きに続いて、今日もお墓開きをさせて頂きました。

IMG_1426.jpg


今回のお墓も洋型デザイン墓石です。
当店でとても人気のあるデザインですが、間口1mから対応出来ますので、各墓地サイズに合わせて建立が出来、また竿石、香炉、花筒などを個別にサイズ変更も可能な為、同じデザインでもお客様のオリジナル墓石が出来上がります。

IMG_1468.jpg


採用した石材は、インドのクンナムです。

インドの石は黒御影が有名ですがとても種類が多く、その中でもよく使われる石材となります。
文字の彫刻部分には「白色」を入れず、石材の「地肌」を生かし文字を表現しましたが、特に洋型墓石で、色の濃い石を使った場合、色を入れない方が多くなってきました。
やはり後々のメンテナンスを考えると、色を入れない方が彫刻の汚れも目立ちにくく、お手入れも楽になるからでしょう。





12月に入って一段と冷え込んできましたが、当日はとても暖かく、爽やかな日差しの下での建碑式でした。

今回は生前墓ですが、人生の終焉を自分自身で整えておく事で、心の平穏が保たれる事もあると思います。
最近生前にお墓を建てられる方が多くなってきました。





さて、今回の御施主の奥様が画家という事もあり、ご自宅にはたくさんの絵が飾ってありましたが、なんとその中の大切な絵をプレゼントして頂きました。

IMG_1469.jpg




知床半島へデッサン旅行に行かれた際に、「この世の果て」と言われる「トドワラ」の景色を描いた油絵で、そこにつぼみを伴った今まさに咲いたと思われる若い花を加え、そしてその向こうに枯れ果てたトドマツの群生。

まさに「生」から「死」への人生の無常を表現された絵です。

知床半島 トドワラ 
(画像はこちらのサイトからお借りしました  http://hokkaido-lovepower.net/category3/entry12.html
kaiga .jpg

IMG_1469.jpg

私も展覧会などにもたまに出かけて行きますので、とても嬉しいプレゼントです。早速お店に飾らせて頂きました。

IMG_1691.JPG



皆様のありがたいお気持ちを大切に、社員一同精進して業務に携わって行きたいと思います。

ありがとうございました。


石のきむら 木村



posted by キムラです。 at 23:08| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。