2018年12月21日

和型 九寸墓石 尾張旭市平和墓園

堂々とした和型暮石。
外柵にも門柱を建て、経机を供えました。

排石部も総石張りとし、暮石周りは土台石となる芝台を外柵内幅いっぱいに収め、防草を兼ねます。

江戸時代から続く暮石形状で、各部材にそれぞれ意味がありますが、以前はただ積木のように積んであるだけにもかかわらず、何十年も倒れずにいたのは、物理的にも理にかなっているのでしょう。

今回は、最近では珍しくなった一回り大きな九寸型ですが、やはり存在感があります。

お墓開きまで暮石を守る晒しをすぐに巻き、カバーを被せて待機します。

takasimake.JPG


posted by キムラです。 at 20:25| 愛知 ☁| Comment(0) | 完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。