2016年03月03日

博多 妙楽寺

大同元年、西暦806年空海創建の妙楽寺です。

町中にあるのですが、境内には珍しい形の五輪塔が立ち並び、仏教伝来の足跡が伺えます。

福岡はその地形から港町として栄え、大陸からの入港の地として貿易でも栄えたようで、当時の地方行政機関大宰府は、そのようなことから入管の役割もになっていたようです。

石碑も愛知県などの中部地区とは違い、独特の形状がみられ、円柱形の墓誌はチベットのマニ車のようですね。

DSC_0130.JPG

DSC_0148.JPG

DSC_0131.JPG

DSC_0136.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0149.JPG



また、博多はうどんや蕎麦、饅頭の発祥の地ともされているようです。

DSC_0158.JPG



境内にある「地獄めぐり」

DSC_0152.JPG

DSC_0153.JPG

DSC_0154.JPG












posted by キムラです。 at 21:19| 愛知 ☔| Comment(0) | 寺院・神社巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。