2016年11月21日

堂々完成!カーサメモリアNagomi(ナゴミ)Shiori(シオリ)Yukari(ユカリ)いいとこ取りデザイン!〜豊田市

めっきり肌寒くなってきましたが、朝と日中の寒暖差が大きいので、体調を崩さないように、皆様ご自愛下さい。

さて、以前ごご案内させて頂いたカーサメモリアの合体デザイン墓石がようやく出来上がりました。

過去ログ↓
カーサメモリア新規建立  Shiori1 Shiori2 TanakiNI YukariNI Nagomi 5種組み合わせの続き豊田市



今回は、デザインもさることながら、施主のご要望により、墓石内部の空間を出来る限り快適にする為、内部はすべて
石張りとなっており、さらにカロート(納骨室)が三室に分けてあるため、通常のお墓とは違う、施工の難しさがありました。

内側は、総石張りの鏡面仕上げなので、まるで宮殿の様です。

私はデザインと構造を考えますが、施主の希望を出来る限り取り入れたい為、結果いつも現場でウチの職人が苦労をしています。

いつも申し訳ないと思いながらも、お墓創りは何代も引き継がれていくとても重要な建立物なので、私も気が入り、建立するのにひと手間もふた手間も掛かるお墓デザインになってしまいます。


その中でも今回のカーサメモリアは、建立地盤が勾配になっているという事や、デザイン上天板(墓石の上に被さる石板)が、四方の外柵の上に乗るデザインではなく、内側に落とし込まれるデザインなので、その補強材が必要になるなど、通常の墓石の構造体ではないので、職人もかなり苦労したと思います。


出来上がったオリジナル墓石
神谷家 (1).JPG



その時の完成イメージカラーパスがコチラ
C-112-2 神谷家(663 栄州).jpg

神谷家 (2).JPG


いかがでしょうか、かなり忠実に再現出来たと思います。




最近、引墓(お墓を撤去すること)がとても増えていますが、「お墓」は単に「お骨を収めているだけの場所」ではなく、この浮世で生かされている私達の存在を改めて認識し、生まれてきた事の証を確かめる場所でもあります。

引墓が簡単に出来るようになったように、お墓もとても自由に建立することが認められてきました。

あなただけの墓石創りに、石のきむらは最善を尽くします。





posted by キムラです。 at 17:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

素晴らしいデザイン墓石が完成しました。カーサメモリア Shink+Sou+Yuka  尾張旭市平和墓園

 以前もご案内しましたが、弊社のデザイン墓はすべてワンメイクで、同じデザインのお墓はほとんど
ありません。

もちろん、基本デザインはあるので、そのデザインで建立されるのも良いのですが、数ある基本デザイン
の中からお気に入りの部分だけ採用し、全体のバランスを考えながらデザインを起こす事も可能なので、
必然的にたった一つのお墓となるわけです。



そして今回も一年近く施主とデザインを繰り返し考え、ついに完成したのが、こちらのデザイン墓石です!
DSC_0736-2.jpg



施主にご指示頂いた、石の使い分けも絶妙で、とてもセンスの良いお墓が出来がりました。

いや〜、石屋冥利に尽きますね。頑張った甲斐がありました。



お墓開きです
DSC_0844-2.jpg




しかし、最近施主と永い時間をかけて創り上げたデザインを、そっくり真似する業者が出てきて
とても残念です。



どうしても墓石のデザインは「墓石」という性質から、形が似通ってくるのは仕方のないことですし、
なんの情報も持っていないお客様が、墓地で「こんな感じのデザインがいいな」と思われ、それを
担当の石屋に希望デザインとして伝える事は、当たり前の事だと思います。

むしろ石屋側としてもお客様のご希望デザインが把握でき、よりご希望に近いデザインを考える事に
繋がりますので、歓迎できることであり、実際、図面製作のCADシステムにも多くのデザインがあらかじめ
用意されています。


問題なのは、その石屋の考え方だと思います。


CADに用意されているデザインなのか、まったくのオリジナルデザインなのかは、石屋であれば見れば
すぐ判断が付きます。

よく採用される汎用デザインであれば、施主のご希望通り図面を引いてあげれば良いと思いますが、
明らかにオリジナルデザインの場合は、その旨施主に伝え、意匠登録に抵触する可能性もあると説明し、
その代わり、その墓石以上のデザインを考案しましょう、とプレゼンするのが本来の石屋、いやご家族の
シンボルとなる「お墓」創りを承る私たちの仕事ではないでしょうか。




ノルマに追われ、売ってしまえばそれまでと、他店がお客様と永い時間を掛けてやっと創り上げたデザインを
なんのためらいもなく真似をする。

石屋である前に、私達の携わる仕事の意味を、しっかりと認識したいと思います。











posted by キムラです。 at 23:09| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

堂々完成! カーサメモリア セン1 タマキ2 ツボミ2 ユカ セン1 デザインミックス!                  春日井市潮見坂平和公園

御施主の想いが形に・・・

ご家族それぞれのお気持ちや、想いが込められたデザイン墓所が 堂々と完成しました。



カーサメモリアデザインから5つのデザインを選ばれ、それぞれのお気に入りのデザインを取り入れた 世界にたった一つのデザイン墓石です。




今回の御施主は、とてもご尽力され、ご家族のご意見をよくここまで取りまとめられたと、感心しました。

開眼供養を待つ墓石
isinokimura siomizka 2-20.jpg




従来の和型墓石であれば、各地方でのデザインの違いはありますが、中部地方であればその定型デザインがありますので、それほどデザインで悩むことはありませ。しかし当店のデザイン墓石の場合、デザインはフルオーダーシステムのため、私共だけではなく、御施主の協力が不可欠となります。

もちろん、御施主はどんな事でも 思い付きでも構いませんので、口頭で言って頂くだけで構いません。
それを私共が図面化して行きますので、その元となる情報を私どもに伝えて頂く必要があります。

たくさんあるデザインから、お気に入りのデザインを決める事も悩む所ですが、さらにご家族のご意見も取り入れながら、複数のデザインを融合させる事は、かなりの労力が必要になります。





何度も打ち合わせを繰り返しながら、少しづつ形を創り上げて行きます。





そして石種の選択。

今回の場合、部品点数がとても多いため、この過程が最も大変な作業となりました。

中心となる「石」は、先代から色目のご希望が出されていたようで、それに近い石種を選択し、またご家族の意見も聞きながら、他の部材の使用石種を選んでいきます。

色々な色目の石はありますが、天然の物なので、ぴったりの色目はなく、サンプルの石を色々組み合わせながら
探し出していきました。





ご建立までの期間が、半年とか1年とかあれば、また話は別ですが、ご建立までの期間が3ケ月ほどしかなかった為、墓石の製作期間を考えると、デザイン決定までをわずか1ケ月でしなければならず、墓石の知識のない御施主にとっては、まさに雲を掴むようなことで、その作業の大変さは私にもひしひしと伝わってきました。


御施主との打ち合わせ指示書の一部
img074.jpg





私は、いつも「お墓作り」を「お墓創り」とタイプしますが、墓石建立は、「作る」のではなく「創る」ものです。


終の棲家となり、新しい旅立ちの拠点となる「墓所」


ご家族の気持ちを込め、想像し創り上げることで、皆に慕われる墓所になるのだと、私は思います。





ご閲覧ありがとうございました。



石のきむら 木村












posted by キムラです。 at 23:52| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

シンプル・イズ・ベスト 尾張旭市平和墓園

高級石材 インパラブルーを採用した、とてもシンプルなお墓が完成しました。

isinokimura pure-to-2.JPG


このデザインは、当店のオリジナルデザインですが、シンプルなデザインと共に、普段のお墓のお手入れが
とてもしやすいように、工夫されています。


一見、お線立てやローソク立てが無く、どこにお供えしたらよいのか分かりませんが、きちんとお線香立ても
ローソク立ても備えてあります。


高さはありませんが、逆にそのメリットとして、お墓をお掃除するときには、お水でさーっと流してあげれば
ご自身にお水が掛かることもなく、お掃除ができます。


最近のデザイナーデザイン墓石も、お線香立て、ローソク立て、そして花筒も備えていないデザインが考案
されてきました。

また、そのようなお墓をご希望されるお客様も増えてきました。



お墓の元は、昔、良源(りょうげん)という偉いお坊さんが、「私が亡くなったら、土に埋め、その上に石の卒塔婆を建てなさい。そして時々には来て、お参りしてお経を上げ、私たちの罪過を悔い改めなさい」と、お墓参りをすることで、供養する人、される人が共に減罪されひいては極楽往生をする、という思想の始まりで、そこにはお線香もローソクも存在しませんでした。



お墓参りは、もっと気軽に、お線香もローソクも、お花もなくて構わないので、気が向いたらちょっと立ち寄ってみる。

そんなお墓参りのスタイルがあっても、良いと思います。




今回のお墓デザインは、お手入れがホント、楽ですよ。




開眼式を待つお墓
isinokimura pure-to-1.JPG




ご閲覧頂き ありがとうございます。



石のきむら きむら





posted by キムラです。 at 22:29| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

純和風の中にもモダンを取り入れ更に機能性も向上 インド黒御影による丘カロート型和型墓石 尾張旭市平和墓園

kirrinuki.jpg

 まさに純黒、漆黒の和型墓石です。

最近、黒御影での建立が増えてきたように思います。



 墓石材の中では、黒御影は高級石材ですが、どうしても経年による色落ちは免れないため、
後々のクレームを避けるため、積極的に黒御影での建立を勧める石屋は少ないようです。

価格が高い事もあり、実際に黒御影のお墓は少ないと思います。

しかし、東北地方では黒御影の産地ということもあり、とても多く建立されているのも事実です。



福島県の某墓地
福島県墓地画像.jpg




中国での墓石製作が90%近くになった今では、日本のハイレベルな品質需要に応えるため、独自の
「艶出し技術」を開発し、鏡のような輝きのある黒御影墓石を提供しています。

結果、あまりにも綺麗なため、僅かな雨ジミや砂ボコリが目立つようになり、アフターメンテナンスを避けるため、益々黒御影を勧める石屋は少なくなっているのではないでしょうか。


 私共でも、黒系御影石での建立の場合、やはりメンテナンスも手間が掛かります。


虹色が出た時の除去前
IMG_6284.JPG

左半分除去
IMG_6291.JPG




でも、それを懸念してお勧めする石材の中から黒御影を外すのは、本来の石屋の仕事ではないと思います。
その石の特徴、良い所や欠点もきちんと施主に説明し、その上でどの石材を採用するかを決定する事で、
幅の広いデザイン、またより施主の希望を叶える墓石が出来上がると思います。

また、漆黒の「黒」を永く維持するため、また水ジミなどを軽減するためにアメリカ製のケミカル材を発掘したり、墓石建立だけではなく、それらに付随する研究開発も常に行うことで、「お墓創り」がより施主にとって身近な存在になるのではないでしょうか。






 さて、今回の墓石は黒御影で代表されるインド産のYKDを採用です。


インド産黒御影としては、クンナムと並びよく使われる石材ですが、施主からは、最高級のクンナムEでも良いと了解を得ていましたが、「漆黒」と、コストパフォーマンスを考え、あえてYKDを選ばさせて頂きました。


クンナムもとても良い石材ですが、YKDもほぼ同じ「黒の濃さ」が出ていますので、YKDで充分と判断。


黒御影に付きものの色落ちも、どちらにもあり、また建立後の私共の手間も同じです。



 「漆黒」の黒に、当店オリジナルの「風防付きローソク立て」のステンレスが映えます。
風防付きローソク立て.jpg



このお墓は「丘カロート」型で、納骨室が地上に広く取ってありますので、カロート(納骨室)内の湿気を和らげるために、除湿剤を入れました。 通気口は施主のご希望です。
カロート2.jpg



完成後、拝石部に養生シートを張り、お墓開きまで待機です。
養生2.jpg


 お墓開き
IMG_0110.JPG





 石屋の仕事はお墓を建てることだけでしょうか。

仮にそれだけの役目でしたら、今ではインターネットで数万円から30万円以下でいくらでも購入することが出来ますので、石屋その物の存在価値は無くなるでしょう。

それはそれで良いと思いますが、墓石を建てることだけでは無く、永代に受け継がれていく「お墓」に使われている「石」その物の価値をもっと施主に説明し、そして理解して頂けるようフェースツーフェースで、「お墓作り」のお手伝いをすることが大切だと、私は思います。

そして、お墓は建立してからが、石屋の出番だと心得ています。


 
 創業時からの企業理念です

 お客様を 心から大切にし
  幸せのシンボル お墓を通して 
   すべての皆様に笑顔を届ける
    幸せ創造カンパニー 石のきむら 



ありがとうございました。  木村




 
 



posted by キムラです。 at 22:06| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

お墓の建てかえ 抜群のセンスでグッドデザインなお墓が完成しました 〜 大府市知北霊園

 とても斬新な、しかし落ち着いたお墓の完成です。


お施主からのアイデアを図面に起こし、それを元にまた新しいアイデアを加え、また変更したりしながら

幾度もデザインを考え、完成したお墓です。


石材の設定から、その石材の色目とのバランス、またどこにその石材を採用するか。


ただデザインだけにこだわらず、機能面なども充分に考え尽くしてお施主が創り上げました。

柴田家開眼式11.jpg



 採用した石材は、インドの高級石材カラハリ。

とても難しい石材ですが、外柵(がいさく)には、両側に長尺一本物を採用。


墓石正面へ導く拝石には、本体と同じ色目の石材を使い、厳かな気持ちで墓前へ向かう事になります。

 
 納骨室のカロート口も、組込墓誌の内側にもう一枚、石板のカロート蓋を設置し、ご納骨の際も厳かな作業を要求する設計となっています。




 開眼式当日は、雨の予報でしたが雲一つない素晴らしい晴天に恵まれ、和尚の開眼法要を聞き入る私も心正しく導かれる思いでした。

柴田家開眼式1.jpg



 今回の建墓は、色々な意味で勉強をさせて頂き、得ることが多かった建墓工事でした。





  ありがとうございました。     木村




 







posted by キムラです。 at 21:56| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

お墓の完成 お引き渡し 〜 尾張旭市旭平和墓園 N区画

 あっという間に夏が過ぎ、秋が訪れそして冬の到来を感じさせる季節になりました。

今年も例年のように気候が安定せず、六月、七月の長雨には、仕事がはかどらず、年後半の作業に大きな影響が出てしまいました。

台風も多かったですね。

そんな中、本日お墓が完成し、お引渡しとなりました。

旭平和墓園での完工です。

お施主にご確認いただき、まずはカバーを掛け後日、晒を巻かせて頂きます。
完成.jpg


 これから年末にかけてフル回転の作業が続きますが、天気が良いことを祈るばかりです。



お施主様には、今回寛大なご理解を頂き、心から感謝申し上げます。


 

 ありがとうございました。    木村










posted by キムラです。 at 18:43| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

お墓の完成 お引き渡し 〜 尾張旭市旭平和墓園 N区画

 オール黒御影での御建立です。

基本は和型。でもデザイン性も取り入れたいとのお施主のご要望もあり、今回は全面的に私にお任せを頂きました。


 やはり、今風のデザインとなれば、丘カロート型を取り入れるのが良いでしょう。

香炉の位置も高くなりますので、お墓参りの際にかがまなくてよいので、腰への負担が少なくなると思います。


最近、この丘カロートデザインを取り入れるケースがとても増えてきました。

和型、洋型問わず採用できますので、設計者側にとっても応用の効くデザインだと思います。



 さて、今回はオール黒御影ですので、やはり存在感は圧倒的で、艶も驚くほど綺麗に出ており

素晴らしいお墓が完成したと自負しております。

養生1.jpg



 カロート内(納骨室)の湿気を軽減するため、通気口を設け、さらに吸湿効果のある天然石を撒き、

吸湿剤を置きました。

これで湿気を吸湿剤が一時取り込み、晴れた日に発散させカロート内を快適に保ちます。


カロート内を撮影 奥に見える金具は耐震用のステンレス連結金具
カロート3.jpg



 今は、お墓に関する色々な製品が出ていますので、建墓の際は是非石屋さんに確認してみてください。




お墓は「終の棲家」とも言われる、次の居住空間だと捉えている方もお見えになられます。

少しでも快適な環境をご提案するのも、私共の使命かも知れません。





 ありがとうございました。    木村









posted by キムラです。 at 18:13| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

完成 晒(さらし)を巻く   尾張旭市平和墓園

 今日は忙しくさせて頂いた一日でした。

ほんとうに、有り難いことです。


午前中に、お墓開きがあり、別の区画で新規御建立のお引渡しを午後一番に行い、お店でお客様の対応を

させて頂いた後、また別の区画で完成したお墓に晒しを巻かせて頂きました。

IMG_9401-2.jpg




 墓石に晒の布をなぜ巻くのでしょうか。

それは、新しい墓石に他の霊魂(私独自の言い方としてご理解ください)が入らない様に墓石を守るためです。


墓石の元は、イザナギの命が黄泉の国から逃げ帰る時に塞いだ大岩だと言われていますが、

それで墓石は「石」でつくられるのです。


元々、日本は自然崇拝で神仏を崇めてきましたので、そういった理由からもお墓を「石」で作る事は、

自然の成り行きだったのでしょう。


なので、「石」には、魂がやどりやすいと思います。


私の叔父は、古い石職人でしたが(過去形なのは亡くなったのではありません。引退です)、常々、私に墓を作ったらすぐに晒を巻くようにと、言い伝えていました。



 そんな訳で、今回も完成後すぐに、晒を巻かせて頂きました。





ありがとうございました。




















posted by キムラです。 at 18:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

本当の意味でのオリジナルデザイン墓石です。高浜市 乞殿共同墓地

 こちらのお墓は、正にフルオリジナルのデザイン墓です。

開眼式.JPG



お施主は、名古屋市内で、大手ゼネコンなどのビル設計を担当する
設計事務所の社長です。

お年はとても若いのですが、お話をお伺いする度に、とてもしっかりとした
お考えをお持ちになられ、多くの社員を引率すだけの人望を充分に備えられた方でした。

今回は、アフターサービスにお伺いしたのですが、この機会にデザイン墓の製作過程を
簡単ではありますが、こちらの亀田家様のケースでご紹介したいと思います。

お施主の亀田様には、了解を頂いております。



 最初の面談でお伺いした、色んなお話を元に、まず私共で簡単なラフスケッチを
書きます。

今回お入り頂く方のお人柄や、お好きだった事柄。また、故郷の事、お仕事。
その方への思い、思い出などを元にデザインを考案します。



決して上手くはありませんが、とりあえずのイメージとしてなので、お許し下さい(^_^;)
亀田家ラフスケッチ.jpg


 で、出来上がったラフスケッチを元に、製作可能なサイズ(強度など考慮しながら)を設定し、
図面を引きます。

また、お施主が使用石材のイメージをし易いように、カラーパースも作成します。
亀田家CG.jpg


 製図を引きますので、必然的に使用石材の一覧、御見積の基本となる「才数一覧」が出来上がります。
才数一覧.jpg

 
各部材サイズや、その石の量が明確に出ていますネ。

この「才数」に、ご希望の石材の「販売価格」を掛けてあげれば、それがそのお墓の製品価格となります。

この「販売価格」の中には、そのお墓の組み上げ費用も含まれていますので、こらら以外に必要な費用は、
基礎工事費、彫刻費、ステンレス花筒やお線香立てなどの付属品の費用となります。

もちろん、基礎工事費や彫刻費は、詳細を明記してありますので、ご予算に応じて調整もして頂けます。
たとえば、「花筒の彫刻費 ¥〇.〇〇〇」と、明記してありますので、花筒の彫刻をされなければ、
その分、節約が出来ます。

 
こうして、最初の御見積を提出し、それを元にお施主がアイデアや使用石種をご選択され、
私共に、デザイン修正の指示を頂きます。
墓石デザイン訂正.JPG


 さすが、設計事務所の社長です。とてもわかりやすい指示書です。

後は、この指示書を元に再度図面を引き、完成となります。

kannseisyasin.png


 今回は、デザイン墓石でのご紹介ですが、和型墓石、例えば名古屋型などでも、
標準的なサイズは、決まっていますが、竿石の頭形状や花筒のデザイン、また上台、中台、四ツ石
の水垂加工や、亀腹加工などのデザイン選択も可能です。
特に、外柵が必要な場合は、外柵デザインで同じ様な作業が必要になると思います。



 一基、一基そのお客様の思いを、「お墓」という形あるものに創りあげる、言葉は適切でないかも
しれませんが、漠然としたお施主のお気持ち、思いを「変換」してあげるお手伝いをする事が、
私達の仕事かもしれません。



 <お知らせ>
  平成27年度の、尾張旭市平和墓園募集受付状況をホームページで公開しています。
  毎週火曜日にその時点の受付数を更新していますので、お申込みをご検討中の方は、
  ご参考になさって下さい。
  


 尾張旭市平和墓園 平成27年度募集受付状況 5月15日〆切
 





 ご閲覧ありがとうございました。



タグ:高浜市
posted by キムラです。 at 11:00| 愛知 🌁| Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

今年も忙しくなりそうです。

 昨年の受注残を持ち越してしまい、年明けからお墓の工事に全力でとりかかっています。


もともと、お墓開きは今年に入ってからなので、工期遅れではありませんが、昨今、天気が安定しないようなので、出来れば年内に完了したいと思っていました。


 まずは、二基。 尾張旭市平和墓園での施工が完了しました。
いずれもデザイン墓ですが、最近本当にデザイン墓の御見積や、問い合わせが増えて来ました。

IMG_7214.JPG

完成後は、お墓開きまで晒しを巻いて、しっかりと養生カバーを掛け、その時を待ちます。
IMG_7219.JPG

IMG_7245.JPG



 よく、洋墓とデザイン墓との違いを聞かれますが、洋墓は、以前からあり、オルガン型とも呼ばれていたようです。


要は、墓石の竿石がヨコ型で、高さを低く抑えた形のお墓で、角ばったどっしりとしたお墓というイメージでしょうか。

 それに対してデザイン墓は、呼び名の通り従来のお墓の形状にこだわらず、デザインを起こしたお墓で、今では、プロの工業デザイナーがデザインしたデザイナー墓石も人気を読んでいます。


当店でも、デザイナー墓石が最近急激に増えて来ました。

瀬戸市宝生寺墓地 カーサメモリアSou
Image2.jpg

尾張旭市平和墓園 カーサメモリアYasuragi Sara
IMG_6223-2.jpg

尾張旭市大久手墓地 カーサメモリアNagomi
IMG_7133.JPG


尾張旭市大久手墓地 オリジナルデザイン墓
IMG_7134.JPG



より自由に、より機能的にデザインすることで、結果後々のお手入れがしやすくなり、また、デザイン墓の場合、石屋任せにせず、お施主も一緒に「お墓創りに」参加して頂くため、御建立後も、自然とお墓へ足が向くのではないでしょうか。


 従来の和型墓石は、完成された「お墓」デザインだと、私は思っています。

それと比較するのではなく、まったく別の意味、「お墓」に対する愛着を意識したデザイン墓も、今まで以上に受け入れられる時が、来るかもしれません。



ご閲覧頂きありがとうございました。  木村







posted by キムラです。 at 22:10| 愛知 ☁| Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

お墓の建立:旭平和墓園N区画 和型丘カロートデザイン 大島石(愛媛県)


 完成です!
IMG_6360-2.jpg

 最近増えてきましたのが、和型デザインですが、墓石本体の下に「舞台」と呼ばれる「カロート」
(納骨室のことです。)を設置するデザインです。

今までの和型墓石は、カロートが地下にあるのですが、このデザインはそのカロートが地上にあるため、
「丘カロート」と呼びます。もちろん、地方地方で呼び名は変わると思いますが、この地方では、丘カロート
で、通じると思います。

利点は、お線香や花筒の位置が、従来の和型墓石より高い位置にあるので、かがまなくてもお墓参りが出来、
お掃除もしやすくなると思います。
ただ、使う「石の量」、そう「才数」ですね。その才数が多くなるので、どうしてもその分、ご予算が
必要になってきます。

 今回は、その丘カロートデザインで、総大島石造りでご依頼を頂いた案件が、無事完成致しました。

これからは、時が経つにつれ、大島石独特の青みが、より味わいのある表情として風格を醸し出す事でしょう。


ご閲覧、ありがとうございました。   木村

posted by キムラです。 at 22:07| Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

荘厳!お墓の納骨室に金色のお釈迦様:カロート(納骨室)内に仏画を影彫りそして象嵌 春日井市現場

 今回は、新しい技法がふんだんに採用された和型デザイン墓石のご紹介です。

最近は、あらゆる石材が中国に輸入され、日本で建立される墓石のおおよそ90%近くが、
中国で製作されています。
職人のレベルも高度な技術を持っていますが、中国といえば、色々な工芸品で有名で、手先の器用さは、
ご存知の事と思います。

 今回、そんな素晴らしい技法で、お墓のカロート内に、施主のお仏壇に鎮座ざれている「お釈迦様」と
まったく同じ「お釈迦様」を、彫刻したいとご要望がありました。
彫刻では、仏画の細い線は表現できないので、「影彫り」と言う技法で、カロートの壁面に「お釈迦様」を
彫り入れました。
出来栄えは、お見事、の一言です。
施主も出来栄えに、とても感激されていらっしゃいました。

水谷家カロート内部.JPG

 また、墓石の花筒には、桜の木を「象嵌(ぞうがん)」という技法で、花びらはピンク色の石を、
木の幹は、茶色の石をその形状に加工し、石の花筒に一つづつ、はめ込んで行きます。

とても細かい作業ですが、こちらも出来栄えは想像以上で、緑の映える石材「M-1-H]との相性も
良く、素晴らしい墓石が完成しました。
水谷家象嵌.jpg
水谷家完成.JPG

もちろん、当店標準仕様の(オプション代金は頂いていません)耐震施工も施し、構造的にも
しっかりとした墓石になっています。
水谷家四ツ石金具.JPG

水谷家ゴム.JPG

施主様の新しいお墓づくりの考え方に、感謝します。

ありがとうございました。



ご閲覧ありがとうございました。   木村

posted by キムラです。 at 21:13| Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

墓石新規建立:和型オリジナルデザイン墓石 大島石(愛媛県) 愛知県みよし市辰己山墓苑  

 和型墓石も、最近はデザイン性のある墓石が増えてきました。

こちらは、当店のオリジナルですが、お手入れがしやすいように、所々に手が加えてあります。
人気も一番で、このデザインを基本に、三段型にしたり、色々と施主のご希望を取り入れ、
たった一つの墓石をデザインします。

安原家.JPG

手間は掛かりますが、完成した時のお客様の笑顔を頂けるだけで、私達も幸せな気持ちになります。

この現場もしっかりとした基礎を打つため、根切りの深さを40cm以上掘り下げ、かなり強固な基礎打ち
を致しました。

安原家根切り.JPG

とても落ち着いた、風格のある、墓所地が完成したと思います。

安原家完成.JPG

ご閲覧ありがとうございました。   木村
posted by キムラです。 at 23:09| Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

渾身のデザイン墓石!:フリーデザイン墓石  高浜市クンナム(インド産)G614(中国産)

 まったくのフリーデザイン墓石のご紹介です。

今回の施主は、ご出身が四国の四万十川なので、その風景をなんとかデザイン化したいとの
ご要望がございました。



何通りかラフデザインを考え、その中からお選び頂いて、出来上がったのが、こちらの墓石です。

亀田家完成 (1).JPG

亀田家完成 (2).JPG

亀田家完成 (3).JPG

デザインだけでなく、コストも出来る限り落としたいので、高級石材の黒御影クンナムと、比較的
お値打ちなG614をうまく組み合わせ、施主のご予算内に納める事が出来ました。

石屋に注文する時のポイントは、最初に価格を提示すると、なんか安い石で適当に数字合わせの見積りが
出てきそうで、ご不安に思われる方が多いと思いますが、見積りにきちんと正式な石種名、そしてその石の
使用量(才数または切数)を明記してもらい、石種ごとの見積金額を出すよう指示し、そして予算を提示
すれば、数字でごまかすことは出来ません。

もっとも、石の値段を明確に提示していることが条件となります。

上記のような条件が整っていて、ご希望の見積り明細が出せる石屋なら、最初にご予算を提示したほうが、
結果、お値打ちな「お墓づくり」に繋がると、私は思います。



ご閲覧ありがとうございました。   木村



posted by キムラです。 at 21:19| Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする