2015年02月09日

新規御建立 愛知県新城市

 今回は、愛知県の新城市での墓石工事です。

集落墓地での工事ですが、公営墓地や新しく造営された民営墓地と違い、墓地の区画サイズが決まっていません。

はっきり言いますと、陣取り合戦の様に、それぞれの墓地区画が入り乱れている墓地が、多いようです。

永いなが〜い年月を経てきた結果なんでしょう。多分・・・。

こちらの現場は、そのような事もなく、ゆったりと区画が取られていました。

Image12.jpg


そのような墓地工事で一番気を使うのが、「地盤」です。

古くからある集落墓地は、昔、土葬だった所もあり、柔らかい地盤の所が多くあります。

基礎を打つ際、根掘りをしますので、どのような地盤か判るため、その地盤に合わせた基礎打ちをする事になります。

今回の現場は、そのような柔らかい地盤ではなく、比較的しっかりとした地盤でした。

しかし、代々引き継がれていく、ご家族のシンボルとなる「お墓」ですので、万端整え、しっかりと基礎を打ちます。


 こちらの現場は、墓地面が全面石貼りではなく、従来の巻石による「外柵」でしたが、こちらにも当店オリジナル工法の「防湿シート」を敷設させて頂きました。


基礎コンクリートの配筋も、基礎コンクリートが、配筋の上下にしっかりとかぶる様に、配筋を中に浮かせます。

榧下家基礎.JPG



鉄筋をなんでも入れれば良い、というものではなく、かぶりが浅かったり、鉄筋(配筋)がコンクリートからはみ出しているようだと、その鉄筋がサビて、いずれ破裂するでしょう。と言っても爆発するわけではなく、コンクリートの中で、錆びついて行くということです。



 常に新しいことにチャレンジし、良い事だと思ったら恐れず積極的に取り入れる。それは、以前からある工法や、知識の上に、更に一枚年輪が重なって行く事だと、私は、思います。


たとえそれが、とても薄い、オブラードのような年輪でも、続ける事が、今の私達の勤めではないでしょうか。




完成です。
IMG_7313.JPG

こちらもお墓開きまで、晒しを巻いて、しっかりと養生カバーを掛けて、その時を待ちます。
IMG_7315.jpg




ご閲覧頂きありがとうございました。   木村







posted by キムラです。 at 21:25| 愛知 ☁| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

集落墓地の改修工事:墓地の通路の階段設置

 以前から、色々と墓地整理に入っている墓地のお客様から、墓地前の通路が傾斜になっているので、
何か良い方法はないかとご相談を受けましたので、階段を一段設ける事にしました。

以前、通路が急勾配のため、階段を設置されたそうですが、その階段に連結するように新しく
一段追加します。
IMG_6376-2.jpg


当初は、通路の勾配に合わせて、薄くセメントを打つだけで良いとのお施主の案でしたが、応急工事では、
すぐ割れてきますし、どうせならと、お施主のご予算内で、しっかりとした階段を作ることを提案致しました。

同じ予算内で、どれだけお施主のご希望に沿う内容に近づけるか、私はいつもそこにポイントを置いて
お話を進めます。

色々な角度から提案することで、より良い工事内容になったり、またほんの少し、ご予算を追加して
頂くだけで、想像以上の仕上がりになったりする事はよくあります。

特に、「お墓」に関しては、「提案営業」が大切だと、私は思っています。



ご閲覧、ありがとうございました。   木村




posted by キムラです。 at 23:04| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

お墓の緊急工事!:墓地の地盤改良工事

 今年は、本当に天気の安定しない年だと思います。
各地で集中豪雨が頻発し、朝、快晴だと思っていたら、午後から土砂降り、なんていうことも多々ありました。

 私の地元でも、40年〜50年ぶりとかの大雨に見まわれ、その雨に墓地の砂が流され、墓石が傾くという
被害がありました。

墓地の管理人さんから連絡を受け、現場に出向くとそれはかなり厳しい状況で、また、その墓地も古くからの墓地でとても広く、当店施工の墓石では無いのですが、緊急を要するため、
かなりの難工事が予想されましたが、そこは職人魂で、立派に再建立させて頂くことをお約束しました。

しかし、墓石本体は多少の傷は見受けられたものの、大きな破損はなく、また石材も、今では貴重品の
「岡崎の青石」で製作されていましたので、墓石そのものは再建立すること、既設外柵は撤去し、
新しく新設する事、などを打ち合わせし、現場入りとなりました。

基礎打ちから始まりますが、やはり心配は的中し、元々粘土質な墓地で、基礎打ちのために根切りを60cm
から70cmほどしましたが、地固めのためにランマという圧接機で地面を打つと、どんどん
水が滲み出てきて、ぬかるむ一方です。

IMG_5919-2.jpg


通常の基礎ではダメだと判断し、地盤改良する事にしました。


重機で1m程掘り下げ、地中の土の総入れ替えをしました。

IMG_6306-2.jpg


なんとか強固な基礎を打つことが出来、一安心です。


後は、外柵を新設し、墓石を再建立、そして花筒も新設したりと、色々手を加え、無事、完成となりました。

IMG_6320-2.jpg

新しい墓地は、全体的に低めに設計しましたので、もう雨で砂を持っていかれる事はないと思います。

大切なお墓です。これからも末永く見守って頂けることでしょう。



ご閲覧、ありがとうございました。  木村






posted by キムラです。 at 23:13| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

大切なお墓を守る画期的な基礎施工 防湿シート!!

bousitu.jpg


 墓石に防湿シート?


えっ、と思われる方がほとんどだと思いますが、住宅の基礎コンクリートの下(もしくは捨てコンの下、また

は上)に、地中からの湿気を防ぐために防湿用のシートを敷設しますが、

これは一般住宅建設時に使われる工法で、これを墓石の基礎にも採用しようという試みです。



実は、当店への質問や相談に、石材の吸水に関する事柄がとても多く、

一般の方々の墓石選びの一つの基準になっていることは、間違いのないことで、

かつ、一番心配されていることだと常々感じておりました。



私も、施工後の墓石を年二回ほど毎年点検しているのですが、晴天が続いていても

墓石の接地面や、外柵の接地面に吸水の後が長く残っている事があります。

そうです、地中からの湿気を石が吸い込んでいるんですね。



地上に出ている部分は、雨などで濡れても雨が上がれば、わずかに吸水した部分も

いずれ蒸発して乾きます。

しかし、地下からの湿気は絶えず上がってくるので、乾く事がありません。

この問題は、以前から対策を考えていましたが、防湿シートを敷設したら

どうか、と対策を考案し、建築士や大工の棟梁などにも相談し、施工上の注意点を

考慮しながら、施工テストを繰り返し、墓石基礎への防湿シート敷設を実行することにしました。

実際、私自身の目で防湿シートを敷設した基礎の現場を確認しましたが、雨上がりの吸水は、

明らかに違っていました。



防湿シート.jpg




 墓石の才単価公開の時も、賛否両論、色々なご意見を頂きましたが、

しかし、現在では墓石の価格公開は当たり前になっています。


今回の、墓石基礎防湿シート敷設は、たぶん初めての試みだと思いますので、

また、色々なご意見がお聞きできると思います。


でも、大切な墓石のためには間違いなく良い事ですので、御理解いただける

施主には是非お勧めして行きたいと思っています。





ご閲覧有難うございました。   木村



posted by キムラです。 at 17:23| 愛知 ☀| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

お墓の雑草防止に抜群の効果!:墓石リフォーム最終段階に入ります。

IMG_6117-2.jpg


 外柵の完成です。

上の写真を見てお分かり頂けると思いますが、最近は墓地面にコンクリートを薄く打つ事が多くなりました。

やはり、お墓のお手入れがしやすくなるようにとのご要望が多いので、「お墓」の本来の意味もご説明した上で、ご了解頂いたお施主には、コンクリートを打ちます。(こちらは無料)
でも、少し抵抗があると見受けられた時は、防草機能のある真砂土を使用します。(こちらは有料。効果は有限)

私個人としては、墓石ご建立後のアフターサービスに出向く度に、雑草が多く生えている隣地の墓所を見て、「あ〜もったいない。こんな立派なお墓なのに・・・。」と、思うことがよくありますので、度々お墓参りに行くことが出来ない状況であれば、墓地面にコンクリートを打つことで、雑草も生えなくなりますから、結果、お墓参りに行きやすくなると思います。

ただし、ケースバイケースですけど・・・。

次回は、いよいよ完成報告です。



ご閲覧ありがとうございました。


posted by キムラです。 at 23:07| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

お墓のリフォーム:墓石外柵の設置です。贅沢ですが外柵にアーバングレー(インド産)採用

__ 1-2.jpg


 基礎の養生も終了し、外柵の設置に入りました。

各部材を水平を出しながら据え置き、各部材の結合部をしっかりと固定し、連結します。
また、結合部の目地部(2mm〜3mm程の隙間)には、表側だけでなく、裏側も今の段階でしっかりとコーキングを打ちます。後からでは出来ませんから・・・。(見えない墓石工事のポイントですね!)

後は、外柵の内側に根砂利、真砂土を敷設し、墓石本体の移設となります。

ここまで、なんの問題もなく進んで来てます。感謝。


 ご閲覧ありがとうございました。


posted by キムラです。 at 23:08| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

お墓のリフォーム:基礎打ちのための根掘り作業、根切り作業

IMG_5982-2.jpg

 先日の、移設工事の基礎工事に入りました。
前回の日記(6/8分)にも書きましたが、墓地面がそのまま山の法面の様になってますので、基礎が平均的に厚く打てるように、出来る限り深く根堀をします。また。竹がとても多く、やはり根がかなり回っておりました。根掘りとあわせて、根切りもし、第一段階は、無事完了です。

地盤も深いところは粘土質でしたが、思ったより水はけも良かったので、通常より厚めに根砂利を敷き詰めて基礎打ちに入ります。



ご閲覧ありがとうございました。

posted by キムラです。 at 21:25| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

お墓の基礎に防湿シート!!

Image1.jpg



節分を迎え、今年もじきに、春のお彼岸です。


昨年からの施工分も、いよいよ大詰めです。お彼岸までに完成予定の工事も

順調に推移してますので、慌てること無く、確実にこなして行きたいと思います。



 さて、昨年コラムに書かせて頂きました、「墓石の防湿シート」ですが、施工実績も

多くなり、今ではほとんどの施工で、防湿シートを敷設するまでになりました。

やはり、お客様の方で、当店の防湿シート敷設をご希望されるケースが多くなりました。

ただし、防湿シートが不向きな場合もありますので、なんでも敷けばいい、というもの

でもなく、やはり経験と実績がなければ、安易な敷設は避けたほうが良いと思います。



 3年程まえから考案し、試行錯誤を繰り返し、昨年から現場テストを得て、実際の

現場で、防湿シートの敷設を始めましたが、やはり雨上がり後の水ハケは、同じ石種で

比較しても早いのが確認できました。

また、吸水状態も少なくなってる事も確認できました。

あくまで、わたくしの経験上の判断ですが、確実に防湿シートの効果はあるようです。



 従来からの墓石工事では、「土に還す」目的のため、墓地面は土のままにする、

また、石張りはしない、コンクリートで地面に蓋をすることはダメ、という施工方法が

一般的でしたが、それは土葬の頃には、とてもよく理解できることで、当然、そのような

施工になるとおもいます。


でも、現在は「焼骨」であり、またお骨を納める部屋、カロートは墓石の特別な一部分であり、

当然、土に還すためカロート(納骨室)は、現在でも底は「土」のままです。

決してコンクリートを打ったりはしません。


でも、墓石デザインは、全面石張りがとても多くなって来ています。

デザイン墓の普及や、お墓のお手入れがし易いデザインが、それに拍車を掛けています。


そのような墓石デザインの場合、墓石の基礎もいわゆる「ベタ基礎」といわれる、全面

コンクリート打設の基礎を用いる場合が多く、「土に還す」ための場所、カロート室のみ

従来通りの施工をしてあげれば良いと、私は思います。


打設御.jpg


全面コンクリートを打つ基礎の水はけに関して、ご質問を受ける事もありますが、前回の防湿シート

コラムにも書かせて頂きましたが、地上での湿気や、雨などによる水分は、蒸発して乾いていきますが、

地下からの湿気は、絶え間なく上がってきます。



雨水など、地上部分での水分を、経験値や施工上の工夫で、対応しているケースもあるようですが、

その場合、個々の判断で、施工品質のバラ付きが出る事も考えられます。



基礎のコンクリートの水はけ、というより、基礎コンクリートへの湿気の吸水を、防湿シートにより

「遮断する事」が、もっとも効果のある「水はけ」になり、かつ、施工品質の均一化にも繋がるのでは、

ないでしょうか。


付け加えさせて頂きますが、全面石張りの場合や、また防草用のマサ土を敷設

した場合などにも、墓石材側からの吸水や雨水などを逃す為、その現場に適した水抜き穴などは設けます。




ここに防湿シートとコンクリートの吸湿に関するデータがあります。


・材料の透湿抵抗(m2hmmHg/g)・・数字が多いほど透湿性が無い
・厚み100mmのコンクリート・・・・69.9
・厚み25mmのモルタル・・・・・・ 32
・厚み12mmの合板・・・・・・・・23
・防湿シート・・・・・・・・・・170〜300

出典    住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫) 木造住宅工事仕様書(全国版)
      より抜粋 


データからしても、防湿シートの効果は、コンクリートとくらべて歴然としています。




温故知新ともいいます。

以前からの技術を継承し、また時代に沿った新しい工法を提供することで、より

皆様にとって「お墓」が身近な存在になればと、願っています。



ご閲覧ありがとうございました。   木村




posted by キムラです。 at 22:45| 愛知 ☀| Comment(0) | 施工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。