2016年05月16日

そうだったの?! 目からウロコ お墓のお掃除教えます。  プロが教えるお墓のお掃除のコツB            実は「水」だけで充分綺麗になります!

目からウロコシリーズ 第三段です。

暫く間が空きましたが、今回は最大のネタばらし?! でしょうか。
今回の内容は、墓石のクリーニングをする私達にとって、最も知られたくない内容となります。

ではなぜバラしちゃうのか。

実は、弊社に墓石クリーニングの相談をされたお客様には、以前から「まず先に、お水で綺麗に洗ってみてください。ブラシを用意しごしごし洗ってみてください。」とアドバイスをさせて頂いてます。

でも、お客様の中には「お墓の一番下の土台石がまっ茶色で、凄い汚れなんですけど・・・」と、とても一般の方では綺麗にするのが無理だと言われる方も多くお見えになります。

そこがミソ、なんですね、私たちの。

クリーニング前と、後の違いが一番わかる部分ですから。

でも、この部分の汚れ、私達が使う石材専用のケミカル材は使わなくても、「水」だけで簡単に取れます。

墓石の土台石や、墓地区画周りの外柵にもよく付いている汚れです。


水洗い前
墓石クリーニング水洗い前.jpg


水洗い後
(サビ、コケなどはケミカル材で除去しています。後日、サビ、コケの取り方もご案内します。お楽しみに)
墓石クリーニング水洗い後.jpg

いかがですか?




さて、目からウロコシリーズ、次回からはお墓のクリーニングについて、お話を進めて行きたいと思います。


ご自身でも充分クリーニングは出来ます。




ご閲覧ありがとうございます。


石のきむら 木村













2014年12月14日

そうだったの?! 目からウロコ お墓のお掃除教えます。  プロが教えるお墓のお掃除のコツA 「彫刻文字のお掃除」


 前回に続いて、お墓のお掃除のコツその2です。
今回は、お墓の文字の中の汚れ取りの「コツ」を、ご案内致します。

mozi1.jpg

 彫刻文字の中は、結構汚れが残っていたりしますが、歯ブラシを使ったり、色々と工夫をされている事だと思います。
でも、奥の方は歯ブラシの先も届かず、諦めていらっしゃる方もお見えになると思いますが、そこで、彫刻文字の奥まで綺麗に汚れを取り除く方法の手順をご説明致します。

まず、ご用意して頂きたいのは、汚れを取り除く為の「ブラシ」ですが、ホームセンターで、ブラシの先が、細くて、奥まで入りやすいブラシが販売されていますので、出来ればそれをご用意下さい。
無ければ、古い歯ブラシでもいいですが、先が丸く跳ね上がってる状態のがあれば、尚良いと思います。

次に、爪楊枝(後ほど使い場所の説明があります。)
そして、霧吹き(水の出方が調整出来るものをご用意下さい。)に、タオルです。


では、順番に手順のご説明です。

まず最初に、ブラシで彫刻文字内の汚れを取り除きます。
mozi2.jpg

この時に一つご注意して頂きたいのは、彫刻文字は、彫ってある部分がかなり鋭角的な箇所もありますので、
ブラシで汚れを取るのに気を取られ、ブラシの柄で、鋭角的な部分を、欠かしてしまうこともありますから、気をつけて下さい。

次に、ブラシが届かない奥の汚れですが、よくあるのが「蜘蛛の巣」で、奥にある場合は「爪楊枝」で取り除きます。
mozi3.jpg
mozi4.jpg

この様に、ブラシと爪楊枝で汚れを取り除いたら、霧吹きの水の出方が写真の様に、ピューッと一直線状になるように調整をして、彫刻内部の洗浄をします。
mozi7.jpg


この時の「コツ」は、かけた水が跳ね返って来ないように、タオルでガードしながら、洗浄して下さい。
そうしないと、まともに自分に汚れた水が掛かってしまうことがあります。
mozi5.jpg
mozi6.jpg

汚れが取れましたら、後は、硬く絞ったタオルで、「トントン」と叩きながら、吹き上げて完了です。
mozi8.jpg


 ご参考になりましたでしょうか。

次回は、剥がれてしまった彫刻文字の「色入れ」についてです。

お墓の文字の色入れはコチラ



ご閲覧ありがとうございました。  木村




2014年12月01日

そうだったの?! 目からウロコ お墓のお掃除教えます。 プロが教えるお墓のお掃除のコツ@

 今年も、あと一ケ月を残すのみとなりました。
皆様は、今年どんな一年だったのでしょうか。

振り返って見ると、社会的にも消費税のアップや、御嶽山の噴火など、現実的にも、また精神的にも大きな出来事があった年だったと思います。

私自身も、まさに文字通り「光陰矢の如し」で、あっという間に過ぎ去った一年になります。

ここで、少しおもしろい学説を一つ。

小学校の時は、一ヶ月半程の夏休みが、とても長く感じました。
お正月が過ぎ、次のお正月までも、とても長く感じ、小学校を卒業するまでの六年間は、自分の人生のすべてで、大人になる事は、果てしなく遠い、未来の事のように私は感じていました。

それが、進学をし、社会人になるにつれ、一年という時間が、とても短く感じるようになり、毎年の暮には、「時間が経つのが早すぎるよね。」っと、年末の挨拶言葉にもなっています。

どうして同じ一年が、子供の頃と、大人になってからとは感じ方が違うか? ということに関しての学説ですが、それは「体感時間」といって、人生80年とすると20才位までで、その80年間のほぼ80%を消化するという仮説です。
簡単に言うと、20歳までで80年間の80%を消化するわけですから、64年間÷20=3.2年間というわけで、20才くらいまでは1年が3年位に感じているという事です。もちろんこれは、感じ方の比較論ですので、年をとるに連れ時の流れが早く感じるのはなぜか?という問いに対しての一例です。


今年の忘年会の小ネタにいかがでしょうか?


さて、本題に戻りますが、年の瀬も近づき、そろそろお墓のお掃除をと思いの方に、お墓のプロが、お墓のお掃除や、お手入れ方法などを今後、ご案内させて頂きます。

私達が、霊園などで作業中によく聞かれますので、多分みなさんは、特に新しく建墓された方は、墓石に影響が出ないか心配しながら、見よう見まねでされていると思います。

そこで、「そうだったの?!目からウロコ お墓のお掃除教えます。〜シリーズ」のコーナーを設けることにしました。最終的には、墓石の水垢取りまで、ご案内したいと思っています。


第一回は、「お墓にお水は、掛けていいの?」について

お掃除前
Image4.jpg

お掃除後
Image2.jpg


先にも書きましたが、霊園などで作業中に一番良く聞かれるのが、この質問です。
お墓にお水をかけるのは、宗派によって変わってきますので、その意味については割愛させて頂きます。
では、お掃除をする上で、お墓の「墓石」については、どうなんでしょうか。

答えは、YESです。ただし、手順があります。

普段から墓石は風雨に耐えていますので、お墓参りの時に、水をかけることで、墓石に影響が出ることはありません。お掃除の時は、タップリと水を掛け、綺麗に洗ってあげましょう。
でも、水を掛けて洗う前に、もう一手間お願いします。ココが「お墓のプロのお教えするポイント」です。

お掃除に行かれて、お水で洗う前に、お墓に付いた枯れ葉や、砂埃(目に見えて無くても墓石の表面にはたくさん砂埃が付いています。)、時には鳥の糞なども付いているかもしれません。
それらをまず先にしっかりと、取り除いて下さい。出来れば、ホームセンターで売っている「馬毛刷毛」で、墓石全体をしっかりと除塵しましょう。

馬毛刷毛
馬毛刷毛.jpg

そうすることで、石材表面のとても小さな穴(細孔さいこうといいます。後々よく出てきますので、覚えておきましょう)に、水を掛けることで、石材表面の小さなホコリが水と一緒に入り込むのを防ぎます。

皆様はすでにご存じの方も多いと思いますが、「石」は水を吸います。なので、水をかける前に、しっかりとホコリをとってあげて、汚れた水が入り込まないようにしてあげる事が大切です。

「墓石の水垢」は、汚れた水が入り込み、水だけ乾き汚れが残る状況が何年も続いた結果です。
でも、雨がふる前にその都度、お墓へ行くわけも行きませんから、お墓掃除の時は、除塵は忘れないで下さい。

出来れば、お墓の前にある、水鉢や、香炉、花筒も取り外してお掃除をすれば完璧ですが、とても重く、少しでも当てたら欠けてしまいますので、あまり無理はしないほうが良いと思います。
でも、外した場合は、カロート入り口(納骨室)が見えますので、養生テープなどできちんと目隠しをしてあげましょう。

tanakake maeoki tekkyo-4.jpg

除塵が済んだら、後はお水をたっぷり掛けてあげて、拭き上げて下さい。ここで、今日二回目の「お墓のプロのお教えするポイント」です。

まず、全体を吹き上げた後、次に固めに絞ったタオルで、「タタキ仕上げ」をして下さい。
タタキ仕上げとは、文字通りタオルで、墓石を軽く「トントントン・・・」と叩きながら、墓石の表面に残った水分を吸い上げるようにすることです。
特に水垢のつきやすい墓石の連結部の立ち上がり角部などは、念入りにタタキ仕上げをしましょう。
そうすることで、前出の「細孔」に残った水分や汚れも吸い上げます。



大まかなお墓のお掃除の流れとポイントですが、石質の硬いインド材等であれば、乾いた柔らかいウェスなどで、乾拭きをしてあげれば、より艶も出てきます。
 


まとめます。第一回目のポイント。

@お水を掛ける前に、必ず「除塵」をすること!
A墓石を洗った後は、固めに絞ったタオルで「タタキ仕上げ」

お疲れ様でした。

次回は、「彫刻文字の汚れ除去」についてです。



ご閲覧ありがとうございました。  木村


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。