2017年09月16日

武豊町 安らぎの森墓園 カーサメモリアrei完成!

武豊町 安らぎの森墓園で、カーサメモリアreiの完成です!

今回のreiは、オリジナルと墓地寸法も違い、また部品点数も通常デザインよりはるかに多く、さらに各部材の加工が複雑でしたので、現場での組み上げが、正直若干不安でした。

デザインも何度も施主と打合せをしながら、形を決め、現場での組み上げ時に気が付いた部材は、作り直すなど、工場との連携で実現した素晴らしいデザインです。

施主から「期待通りの出来栄え」だとご連絡を頂きましたので、ほっと一安心です。



オリジナルのrei
rei希望石種CP.jpg


今回完成したrei
IMG_0688.JPG


水はけを考慮した部材加工処理
IMG_0814.JPG


こだわりのサンドブラスト
IMG_0695.JPG



デザイン墓が圧倒的に多くなってきましたが、石のきむらでは、一基、一基すべてデザインを考えます。
展示品やカタログから既成のデザインを選んでいただければ、確かに墓石完成までの手間は、楽になると思いますが、オリジナルデザインをご希望される施主には、そのご希望を叶えられるよう、精一杯努力させて頂きます。



今回の御打ち合わせ内容の一部
図面修正.jpg


拘り抜いたデザイン墓石に絶対の自信と実績があります。
お気軽にご相談ください。



石のきむら カーサメモリア2017年モデルはコチラ




posted by キムラです。 at 13:20| 愛知 ☁| Comment(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

カーサメモリア Nagomiの完成です! 長久手市 卯塚緑地公園墓地

圧倒的存在感!
カーサメモリア Ngomiの完成です。

長久手市の卯塚緑地公園墓地での御建立ですが、
間口、奥行きがオリジナルの2m×2mとほぼ同じなので、原形そのもののデザインで建立が出来ます。

写真では分かりにくいですが竿石の大きさは、圧倒です。
石もオリジナルデザインに使われた山峡紅と言う石を採用しました。

この石は、原石がわずかとなっています。
ニューインペリアルでは、色が濃すぎると思われる方には、丁度よい色目かもしれません。

コチラがオリジナルのNagomiデザイン
nagomi_img_02.jpg

コチラが今回リサイズしたNagomi
uzuka nagomi.jpg


ほとんどデザインは変わっていません。
使った石も同じです。

特筆すべきところは、なんといっても竿石のサイズ。
幅は、なんと1150mm!
厚さも270mm、高さも712mmと一般的なサイズよりかなり大きなデザインとなっています。

当初は、この部分の石をニューインペリアルという赤系の石材を使う予定でしたが、お客様からもう少し
薄い色とのリクエストがありましたので、急遽、オリジナルで使われている「山狭紅」という石の採用を検討することに。

ニューインペリアル
new inoeriaru.jpg

山狭紅
山狭紅-1.jpg

しかし、この石はもう残り少ないので、これだけの大材が取れるか心配でした。

何とか今回の分は原石を確保できましたが、もう残りはかなり少ないようです。

やはりオリジナルで選択された石を使うと、出来栄えも映えます。



posted by キムラです。 at 20:11| 愛知 ☀| Comment(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

カーサメモリア seien カーサメモリア seien の完成です!  尾張旭市平和墓園

黒御影の画像がオリジナルデザイン、そして薄いグレーの方が、今回建立されたseienです。

seien.JPG

IMG_0252.JPG

入口から暮石本体両側まで参道のように磨き那智を敷き、結界を明確にしました。
デザインがとてもシンプルなので後々のお手入れも比較的楽になると思います。

尾張旭市平和墓園での御建立です。

現在、旭平和墓園で三基、卯塚公園墓地で一基、
武豊やすらぎの森で一基、江南市寺院墓地で一基、稲沢市集落墓地で一基同時施工中です。
7基全てデザイン暮石ですが、そのうち4基がカーサメモリアのお墓です。

弊社ではデザイン墓石を多く取り扱っていますが、今までの洋型墓石と違って部品点数も多く、細かい調整が必要なため、お客様のご希望に合わせたデザインの打合せをする石材店が少ないと聞きます。

他店へ相談したら「そこまでのデザイン変更は無理」とか、あからさまに嫌な顔をされて、弊社にご相談に来られたお客様も多くお見えになられます。

代々まで引き継がれる「お墓」です。ご納得の行くお墓づくりをお手伝いします。

カーサメモリア2017特設サイト
カーサメモリア2017特設サイト.JPG


石のきむら 木村 


posted by キムラです。 at 09:06| 愛知 ☀| Comment(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

カーサメモリアIshiの完成です。  豊田市 小瀬間墓地


カーサメモリア ishiの完成です!

今回は、豊田市小瀬間墓地で御建立させて頂きました。
元のデザインは、間口2m×奥行2mなので、小瀬間墓地のサイズ 間口1.4m×奥行1.32mに、バランスを考えながら、リサイズします。

豊田市 小瀬間墓地 カーサメモリア.JPG


カーサメモリアishi
ishi_img_01.jpg

ぼぼオリジナルデザイン通りとなりました。

採用した石は、最近人気の出て来た南アフリカの「インパラブルー」です。
光の加減でとても鮮やかなブルーの結晶が映える、とてもお洒落な石材です。

インパラブルー
インパラブルー.bmp

また、白御影部分は、定番の614ではなく、ポルトガルのSPIを採用しました。

SPI
SPI.jpg

石目のくっきりした白御影ですが、やはり高級感が違います。

また、彫刻も一文字づつ作製しました。
玉手家 透過.png


このところ、かなり遠方からも当店のホームページを見て、カーサメモリアの問合せが増えてきています。

お客様だけのオリジナルデザイン暮石。

石のきむらは、マンツーマンでデザイン考案から、施工、管理、お墓開き、アフターサービスまで私木村が担当致します。
ちなみにデザインは、お客様が「これだ!」と瞬間的に感じるまで何度でも作成します。
なので、マンツーマンでないと出来ないのです。
それに、私自身、そんなにセンスが良いとは思えないので、お客様の指示を頂けた方が、やりがいがあります!

ここで、以前当店でご建立されたお客様から、とてもありがたいメールを頂きましたので、少しばかり自慢を・・


過去ログ→http://isiyanohonne.seesaa.net/category/25644222-1.html
「この度はお世話になり、本当にありがとうござました。
何をするにもやたらとこだわりのある私にとって、自分好みの素晴らしいお墓を建てることができ、
とても嬉しく思っております。

私の好きなようにさせてくれてた(あまり興味の無かった、笑)主人も、実物を見て、とても気に入ったらしく、
色々なお墓をインターネットなどでみて、やっぱりうちのは良いお墓が建ったわ〜
と、とても喜んでおります。

盆暮れ正月お彼岸だけのお墓参りのみ。と足が遠退きがちなお墓参りですが、気に入ったお墓が建っていると、行くのが楽しみで頻繁に足が運べそうですね。

父の一周忌を目前にして、本当に立派なお墓を建立することができましたこと、心よりお礼申し上げます。
また木村さんのような、ステキなお墓屋さんに出会えましたことに本当に感謝致します。

この度は本当にありがとうござました。

本日よりまた冷え込んできましたね。
体調を崩されませんよう、お気をつけ下さい。」



ほんとうにありがたいお言葉です。


当店でご建立されたお客様からのお話を伺うと、数種類のデザインの中から「どれにしますか?」と選ばされたり、細かいデザインの修正は、できない石材店が多いと聞きます。

実は、ほとんどの石材店が、自身で図面を書いてなく、取引先の商社や問屋に書いてもらっているので、仕方のないことかもしれません。

愛知県でのカーサメモリアは、石のきむらだけのお取扱いとなりますが、只今、デザイン料無料で、あなただけのデザイン暮石を作製させて頂いております。

お気軽にお問い合わせ下さい(^-^)

年中無休でやっています。フリーダイヤル 0120-52-1244
石のきむら 木村


posted by キムラです。 at 10:34| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

カーサメモリア tubomi の完成です!  尾張旭平和墓園

完成!
カーサメモリアのtubomiです。

元のデザインは、2m*2mのサイズですが、
尾張旭市平和墓園の2u用にリサイズさせて頂きました。


基本デザインのtubomi
tsubomi1_img_01.jpg


緑の映えるインドの銘石M-1-Hに、白御影石部分は、ポルトガルのSPIを選択。
一般的には614系を使うのですが、今回は贅沢な石使いとなりました。

特に拝石部のコの字に巻いてあるSPIは、なんと1枚板からのくり抜きです!

こだわりのカスタムデザイン墓石で、あなただけの心やすらぐパワースポットを創造しませんか?
石のきむらがお手伝い致します。

木村雅己様 (6).JPG
posted by キムラです。 at 08:28| 愛知 ☀| Comment(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

堂々完成!カーサメモリアNagomi(ナゴミ)Shiori(シオリ)Yukari(ユカリ)いいとこ取りデザイン!〜豊田市

めっきり肌寒くなってきましたが、朝と日中の寒暖差が大きいので、体調を崩さないように、皆様ご自愛下さい。

さて、以前ごご案内させて頂いたカーサメモリアの合体デザイン墓石がようやく出来上がりました。

過去ログ↓
カーサメモリア新規建立  Shiori1 Shiori2 TanakiNI YukariNI Nagomi 5種組み合わせの続き豊田市



今回は、デザインもさることながら、施主のご要望により、墓石内部の空間を出来る限り快適にする為、内部はすべて
石張りとなっており、さらにカロート(納骨室)が三室に分けてあるため、通常のお墓とは違う、施工の難しさがありました。

内側は、総石張りの鏡面仕上げなので、まるで宮殿の様です。

私はデザインと構造を考えますが、施主の希望を出来る限り取り入れたい為、結果いつも現場でウチの職人が苦労をしています。

いつも申し訳ないと思いながらも、お墓創りは何代も引き継がれていくとても重要な建立物なので、私も気が入り、建立するのにひと手間もふた手間も掛かるお墓デザインになってしまいます。


その中でも今回のカーサメモリアは、建立地盤が勾配になっているという事や、デザイン上天板(墓石の上に被さる石板)が、四方の外柵の上に乗るデザインではなく、内側に落とし込まれるデザインなので、その補強材が必要になるなど、通常の墓石の構造体ではないので、職人もかなり苦労したと思います。


出来上がったオリジナル墓石
神谷家 (1).JPG



その時の完成イメージカラーパスがコチラ
C-112-2 神谷家(663 栄州).jpg

神谷家 (2).JPG


いかがでしょうか、かなり忠実に再現出来たと思います。




最近、引墓(お墓を撤去すること)がとても増えていますが、「お墓」は単に「お骨を収めているだけの場所」ではなく、この浮世で生かされている私達の存在を改めて認識し、生まれてきた事の証を確かめる場所でもあります。

引墓が簡単に出来るようになったように、お墓もとても自由に建立することが認められてきました。

あなただけの墓石創りに、石のきむらは最善を尽くします。





posted by キムラです。 at 17:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

素晴らしいデザイン墓石が完成しました。カーサメモリア Shink+Sou+Yuka  尾張旭市平和墓園

 以前もご案内しましたが、弊社のデザイン墓はすべてワンメイクで、同じデザインのお墓はほとんど
ありません。

もちろん、基本デザインはあるので、そのデザインで建立されるのも良いのですが、数ある基本デザイン
の中からお気に入りの部分だけ採用し、全体のバランスを考えながらデザインを起こす事も可能なので、
必然的にたった一つのお墓となるわけです。



そして今回も一年近く施主とデザインを繰り返し考え、ついに完成したのが、こちらのデザイン墓石です!
DSC_0736-2.jpg



施主にご指示頂いた、石の使い分けも絶妙で、とてもセンスの良いお墓が出来がりました。

いや〜、石屋冥利に尽きますね。頑張った甲斐がありました。



お墓開きです
DSC_0844-2.jpg




しかし、最近施主と永い時間をかけて創り上げたデザインを、そっくり真似する業者が出てきて
とても残念です。



どうしても墓石のデザインは「墓石」という性質から、形が似通ってくるのは仕方のないことですし、
なんの情報も持っていないお客様が、墓地で「こんな感じのデザインがいいな」と思われ、それを
担当の石屋に希望デザインとして伝える事は、当たり前の事だと思います。

むしろ石屋側としてもお客様のご希望デザインが把握でき、よりご希望に近いデザインを考える事に
繋がりますので、歓迎できることであり、実際、図面製作のCADシステムにも多くのデザインがあらかじめ
用意されています。


問題なのは、その石屋の考え方だと思います。


CADに用意されているデザインなのか、まったくのオリジナルデザインなのかは、石屋であれば見れば
すぐ判断が付きます。

よく採用される汎用デザインであれば、施主のご希望通り図面を引いてあげれば良いと思いますが、
明らかにオリジナルデザインの場合は、その旨施主に伝え、意匠登録に抵触する可能性もあると説明し、
その代わり、その墓石以上のデザインを考案しましょう、とプレゼンするのが本来の石屋、いやご家族の
シンボルとなる「お墓」創りを承る私たちの仕事ではないでしょうか。




ノルマに追われ、売ってしまえばそれまでと、他店がお客様と永い時間を掛けてやっと創り上げたデザインを
なんのためらいもなく真似をする。

石屋である前に、私達の携わる仕事の意味を、しっかりと認識したいと思います。











posted by キムラです。 at 23:09| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

とても人気があります。カーサメモリアのお墓

ren1_img_02_white.jpg

益々人気度アップのカーサメモリアのお墓。

デザイナー墓石の草分けで、いまのデザイン墓石の原型を作ったと言っても過言ではないと思います。

デザイナー 福田和哉氏
images.jpg

今年もニューデザインが公開されました。
2016 New Design Yukari1
yukari1_img_01-01.jpg

Yukari2
yukari2_img_01-01.jpg


そして今回ご依頼頂いたデザインはコチラ
zen_img_01.jpg


基本デザインは、墓地区画が2m✖2mですが、今回はこのデザインをおおよそ1m✖1mに収めます。

さて、どんなデザインになるか、腕の見せ所です。

続きは後日。



ご閲覧頂きありがとうございます。


石のきむら 木村

posted by キムラです。 at 17:08| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

カーサメモリア+Kパネル免振工法!   shiori1にsoraの香炉デザイン  尾張旭平和墓園

今回も当店独自の免振基礎パネル工法、Kパネルをご採用頂きました。
Image11.jpg

Kpanel石のきむら.pdf

石のきむら 免振基礎Kパネル工法



この工法は、特殊なパネルを敷設することで、地盤と基礎を切り離し、家屋倒壊の原因となる「キラーパルス」を軽減する施工方法です。


キラーパルス参考サイト 住友ゴム工業株式会社 MIRAIE


また、同時に基礎と地盤を分離することで、地下からの永続的な湿気を遮断します。
常に上がってくる地下からの湿気は、降雨とは違い絶えず発生していて、それらが地上の建立物に悪影響を与えることは、よく知られていることです。

日本石材工業新聞にこれに関する記事が掲載されていましたので、掲載させて頂きました。
(転載お許しください。)
siryou.pdf


以前から当店では、この問題を軽減するため、基礎に防湿シートを敷設していましたが、この記事を読んで、さらに免振効果もプラスした工法が、Kパネル基礎工法です。


マイベストプロ 画期的免震基礎工法! K・PANEL キラーパネル


マイベストプロ 尾張旭市平和墓園 防湿シート敷設

お墓に防湿シート 過去ログ



従来の基礎は、圧接した地盤に割栗石を敷き詰め、コンクリートを流し込んで地面と一体化させる基礎の打ち方ですが、今でもほとんど、この基礎工法を行っていると思います。

中には、コンクリートの厚さを寒冷地ではない地域でも、50cm、60cmと厚く打つ業者もいるようです。
当然、その施工費は素晴らしく高額になると思いますが・・・。
実際、ある方から他店の請求内容の相談があり、見させてもらうと基礎工事が¥318.000となっていました。
弊社でも何度も工事に入っている墓地ですが、ごく普通の地盤の墓地です。強固な基礎が打ってあればまだしも
基礎内容は不明で未確認との事でした。

その請求書
MX-2310F_20160410_093524.jpg


また、最近は供養の仕方が多様化してきた結果、引き墓(墓じまい)がとても増えてきており、この流れは今後も続くと思います。将来引き墓もあり得ると考えられた方が良いかもしれません。

現に今のデザイン墓は、代々墓というより個人墓のイメージが強くなっています。
先々の御子孫が建て替えても良いと、それを前提に建立されるお客様が多くなっています。

その際の負担を軽くしておく事も必要かもしれません。kパネルや防湿シートを敷設する事で基礎撤去が素晴らしく軽減できるので、そういった意味でもこの工法は評価されているのでしょう。






すいません、前置きが長くなりましたが、そんな最新工法を取り入れ尚且つ、デザインも最新のカーサメモリアを採用したデザインがこちらです。

DSC_0209.JPG



舞桜のサンドブラストを多めに彫り、施主にお持ち頂いた旦那寺住職による書「和」を忠実に彫り入れました。

naritakeka sao.png



お墓の周りに白い玉石が敷設してありますが、これがkパネル免振基礎工法の特徴である「緩衝帯」です。
デザイン的にも綺麗だと思います。

DSC_0213.JPG





お引渡し時、施主ご家族にとても喜んで頂けたのが何よりです。

お引渡し後はすぐ晒を巻いて竿石を守り、後日 桜咲く春日和に無事建碑法要を執り行いました。

naritakekaigen.png




建ててみるとやはり黒御影は見栄えます。しかし手入れもそれなりに必要になりますので、建立後のメンテナンス(無料アフターサービス)にも気が抜けません。

石のきむらのアフターサービス
無料アフターサービス.jpg




最近の黒御影は、あの「深い艶」を出すため、OIL を塗っていますが(公表していませんが)、このOILを塗布した「艶」と塗布しない場合の「艶」をお客様に見て頂くために、サンプルを用意します。
やはり天然の「艶」がいいですよね。 







ご閲覧ありがとございました。



石のきむら 木村








posted by キムラです。 at 20:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

堂々完成! カーサメモリア セン1 タマキ2 ツボミ2 ユカ セン1 デザインミックス!                  春日井市潮見坂平和公園

御施主の想いが形に・・・

ご家族それぞれのお気持ちや、想いが込められたデザイン墓所が 堂々と完成しました。



カーサメモリアデザインから5つのデザインを選ばれ、それぞれのお気に入りのデザインを取り入れた 世界にたった一つのデザイン墓石です。




今回の御施主は、とてもご尽力され、ご家族のご意見をよくここまで取りまとめられたと、感心しました。

開眼供養を待つ墓石
isinokimura siomizka 2-20.jpg




従来の和型墓石であれば、各地方でのデザインの違いはありますが、中部地方であればその定型デザインがありますので、それほどデザインで悩むことはありませ。しかし当店のデザイン墓石の場合、デザインはフルオーダーシステムのため、私共だけではなく、御施主の協力が不可欠となります。

もちろん、御施主はどんな事でも 思い付きでも構いませんので、口頭で言って頂くだけで構いません。
それを私共が図面化して行きますので、その元となる情報を私どもに伝えて頂く必要があります。

たくさんあるデザインから、お気に入りのデザインを決める事も悩む所ですが、さらにご家族のご意見も取り入れながら、複数のデザインを融合させる事は、かなりの労力が必要になります。





何度も打ち合わせを繰り返しながら、少しづつ形を創り上げて行きます。





そして石種の選択。

今回の場合、部品点数がとても多いため、この過程が最も大変な作業となりました。

中心となる「石」は、先代から色目のご希望が出されていたようで、それに近い石種を選択し、またご家族の意見も聞きながら、他の部材の使用石種を選んでいきます。

色々な色目の石はありますが、天然の物なので、ぴったりの色目はなく、サンプルの石を色々組み合わせながら
探し出していきました。





ご建立までの期間が、半年とか1年とかあれば、また話は別ですが、ご建立までの期間が3ケ月ほどしかなかった為、墓石の製作期間を考えると、デザイン決定までをわずか1ケ月でしなければならず、墓石の知識のない御施主にとっては、まさに雲を掴むようなことで、その作業の大変さは私にもひしひしと伝わってきました。


御施主との打ち合わせ指示書の一部
img074.jpg





私は、いつも「お墓作り」を「お墓創り」とタイプしますが、墓石建立は、「作る」のではなく「創る」ものです。


終の棲家となり、新しい旅立ちの拠点となる「墓所」


ご家族の気持ちを込め、想像し創り上げることで、皆に慕われる墓所になるのだと、私は思います。





ご閲覧ありがとうございました。



石のきむら 木村












posted by キムラです。 at 23:52| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

カーサメモリア   セン1 タマキ2 ツボミ2 ユカ デザインミックス!  春日井市潮見坂平和公園

今年は丙申(ひのえさる)年です。

この年は、大きな変化が起こる年のようで、オリンピックも開催されますが、競技種目にも変化があるようで
何かと興味の湧く一年になるでしょう。

デザイン墓を建立される方がとても多くなっていますが、そのデザインもとてもオリジナリティに溢れたデザインになってきています。

しかし、お墓である以上、やはり基本は供養の対象ですので、それなりの趣きのあるデザインが求められます。

そんな中、デザイナーデザイン墓石の草分け的存在な「カーサメモリア」は、あくまで従来の「お墓」のイメージを継承し、そこへ斬新なデザインを取り込んでいますので、見ていて、とても落ち着いた気分になります。


カーサメモリア アオイ
カーサメモリア アオイ .jpg




今回ご紹介させて頂くデザインは、カーサメモリアから4つの基本デザインを選び、その中から各部材、
竿石、竿石の台石、カロート入り口である舞台部分、外柵、拝石のデザインを選び出します。


竿石に採用したデザイン カーサメモリア ユカ
カーサメモリア ユカ.jpg

竿石の台石部分に採用したデザイン カーサメモリア タマキ2
カーサメモリア タマキ2.jpg

舞台部分に採用したデザイン カーサメモリア ツボミ2
カーサメモリア ツボミ2.jpg

外柵、拝石部分に採用したデザイン カーサメモリア セン1
カーサメモリア セン1.jpg



結果として、4つのデザインから選ぶ事になりましたが、実際はもっと多くのデザインを検討し、色んな組み合わせを得ての結果です。


お施主も、御家族のお気持ちをまとめ、お墓に表現させるためとても多くのデザインを考えられ、またご指示も頂きました。
私共以上に気を遣れたことでしょう。



オリジナルデザインのカラーパース図
カーサメモリアカスタム.jpg


カラーパースでは表現できない、細かい所に凝ったデザインが施してあります。



現在工事の真っ最中ですが、来月には完成の予定です。

お施主の許可が出れば、またお写真の掲載をさせて頂きます。




ご閲覧いただきありがとうございました。


石のきむら 木村



posted by キムラです。 at 21:17| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

カーサメモリア SARA YASURAGI  大島石で御建之   尾張旭市平和墓園

デザイナーデザイン墓石では、草分け的存在のカーサメモリア。

とても斬新かつ、機能性も備えた素晴らしい墓石です。

デザイン墓石ですので、色使いも多いため、どちらかと言うとインド産、中国産の石材を採用する事が多くなります。

そんな中、国産の高級石材「大島石」で、カーサメモリア 更(サラ)シリーズからYASURAGIデザインをご建立され

ました。


元デザイン
yasuragi sara.jpg


完成した総大島石作りのyasuragi
IMG_0104.JPG




元のデザインは黒御影ですので、正反対の白御影系で作った場合、どの様なイメージになるかは、カラーパース上の
イメージでしか、確認は出来ませんでした。


建立前のカラーパース
C-107 吉村家.jpg




もちろん、総大島石づくりのカーサメモリアは初めてです。

部分的にアレンジを加え、建立です。

IMG_0085.JPG



素晴らしい出来上がりです!

墓石台のアーチ形状が、とてもモダンです。

拝石(はいせき)部分の「玉市松」模様もとてもおしゃれです。

yasuragi.jpg




大島石の上品な石目、色目が、最新のデザインにピッタリと納まった事に感動しました。


お施主にもとても喜んで頂け、ホッと一安心です。


早速晒を巻き邪霊から守り(私個人の解釈です)、開眼式(かいげんしき)まで待機です。

IMG_0105.JPG





今回の建立で、デザイン墓石にも国産石に多い白御影が合う事が分かりました。


どちらかと言うと、おとなしい控えめなイメージのある白御影系の国産石ですが、やはり国産石独特の
質感と重厚感がモダンなデザインと相まって独特の雰囲気を醸し出します。


この組み合わせ、いいですね。




ありがとうございました。   木村











posted by キムラです。 at 18:02| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

圧倒的存在感 カーサメモリア完成! 名古屋市みどりが丘公園墓地


先日ご紹介させて頂いたデザイナーズブランド
カーサメモリアが、完成いたしました。

山内家様カーサメモリア フルカスタムデザイン
IMG_9975.jpg


お施主の山内家奥様のアイデアをベースに、デザイナーと基本デザインを考案し、
幾度も奥様との打ち合わせを重ね、完成しました。

基本デザインは、カーサメモリアですが、その中から数点を選び、
良い所を組み合わせ、さらにお施主独自のデザインも取り入れてあります。

採用した黒御影に金箔を施してありますが、こちらも奥様のご希望で、御自宅の
ハイセンスなお仏壇とイメージを統一させてあります。


また、最上段の竿石も緩やかにカーブさせ、さらに高級感を醸し出してあります。

image.jpeg



そして入口には、ご主人のサインを象嵌(ぞうがん)という技法で、墓石本体と同じ黒御影石が
埋め込んであります。

image.jpeg


また外見だけでなく、基礎も30cmのベタ基礎を施し、割石も含む全部の石材に地中からのバクテリアによる
石材の劣化を防ぐコーティングも施してあります。


今回は大きな工事で、職人総出の現場となりましたが、完成したお墓のお引渡しの時、
お施主である奥様に、思っていた通りの出来上がりだとお喜び頂けたのが、何よりの報酬です。




お墓開きも無事執り行われ、山内家ご家族の益々のご発展を、心からお祈り申し上げます。

ありがとうございました。



石のきむら 木村



posted by キムラです。 at 20:16| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

大切な 大切な亡き人への想い 真心込めて創りました。カーサメモリア haku + nagomi    

デザイナー墓石は、そのままのデザインでも、もちろん構わないのですが、

各デザインで気に入った部分を組み合わせて、その人の為だけのカスタムデザインを創り上げる事が、

最も利用価値のある事だと思います。

もちろん、それに費やす時間や手間は、お客様も同じように必要になってきますので、自然と心のこもった

お墓が出来がります。



今回のお施主は、とてもお若い方で思いも強く、私共も同じ思いでお墓のデザイン製作に取り掛かりました。



まず、基本なるデザインを選んで頂きました。

カーサメモリア HAKU です。

このHAKUを基本に、他のデザインからバランス的に合う部材を選択します。

今回は、NAGOMIデザインより竿石のデザインを採用しました。


カーサメモリア HAKU
haku_01.jpg

カーサメモリア NAGOMI
nagomi_img_01.jpg



 お施主のアイデアにより、台石部分をHAKUで、竿石のみ他のデザインをとのご希望で、数点の中から
お選び頂きました。

当然、オリジナルのデザインとは、墓地のサイズも違いますので、全体のバランスも調整しながら
各部材のサイズも調整します。


出来上がったデザインがこちら ↓
CP-2.jpg



ただ単に、オリジナルデザイン(カーサメモリアの基本デザインは2m×2m)の間口と奥行のみ

変更すると、とてもバランスの悪いデザインになってしまいます。

外柵を小さくすれば、それに合わせて墓石本体も同じ比率でサイズに合わせます。

逆に墓地が大きくなれば、同じ様に大きくします。



今回は、彫り入れる文字の書体も、お施主にご提出頂き、彫刻をしました。
kasa haku.jpg


 

 お墓開きです。
IMG_8566.JPG



今回のお施主は、とても若くして奥様がお亡くなりになられましたので、ご友人の方々も多く参列され

亡き友を偲び、嗚咽の声も漏れ聞こえ、私も目が潤む思いでした。

kaigen.jpg
 




 毎日の様にお墓の仕事をしていますと、ややもすれば、人生の終焉に対しての気持ちの重さを勘違いしかねません。


「お墓」というのは、お亡くなりになられた方がお入りになる「終の棲家」であり、さらに言えば、日本古来から連綿と伝えられ、宗教をも超越したその家族の絆を象徴する本質そのものです。


とても責任の重い仕事に携わり、私自身も自負していますが、それに負けることのないよう、これからも精進していかなければと、強く思った、お墓開きでした。


 ありがとうございました。   合掌







posted by キムラです。 at 21:56| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

つかの間の晴れ間でしょうか。


 雨が続いて仕事になりません。

外仕事の友人達も「今年は異常だ」と、嘆いておりました。

雨で石材が濡れると、クランプという石を挟む道具が滑るので、危険なため

作業が出来ません。

全体的に施工が遅れますので、つかの間の晴れた日は、ほんとにありがたいと思います。


 どんな事でも、当たり前のようになると、そのありがたさが、わからなくなるものですね。


今回、またまたカーサメモリアのデザイン墓が完成しました。


__ 4.JPG


昨年の4月5日のご来店からですので、文字通りまるっと一年かけての御建立です。

お施主も熱心にデザイン考案に参加され、色々なアイデアも頂きましたので、

その結果、素晴らしいお墓が出来上がったのだと思います。


 さて、連休中の天気はどうなんでしょうか。

晴れる事を祈ってます。



 ありがとうございました。








posted by キムラです。 at 17:25| 愛知 | Comment(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする