2019年03月21日

名古屋東樹木葬墓地 御彼岸法要

 こんにちは。ブログを拝見して頂きありがとうございます。

おかげさまで墓石店というとてもマイナーなブログにもかかわらず、多くの方に訪問して頂き、感謝の念が堪えません。

建墓やお墓のメンテナンスに少しでもお役に立てればと思い書き始めたブログですが、始めてもう9年が経ちました。
途中かなり抜けてはいますが、何とか続けてこれたのも皆様の訪問のおかげだと感謝しております。

これからもお役にたつ情報発信に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。



 さて、今年の春のお彼岸はあいにくのお天気となりましたが、それでも午前中で雨は上がり、お墓参りへ来られる方が多く見受けられました。

昨年OPENした名古屋東樹木葬墓地も初めてのお彼岸法要を迎え、足場が悪い中多くの参拝者が訪れました。

2019-3-21.jpg

 
開園以来、実に多くの方にご見学を頂き、すでに100区画近くをご利用いただいています。


IMG_6015-2.jpg

IMG_6016-2.jpg


従来のお墓に限らず、「御骨を埋蔵する」という形態が今、大きく変化してきていることを肌で感じていますが、また「供養をする」という気持ちも以前にもまして強くなっていることも感じています。


墓石価格も以前のように大きな価格差はなくなり、ほぼ同じような価格に落ち着いてきています。


ただ価格が安いからその石材店を選ぶという選択ではなく、地域に密着しているか、仏事に詳しいか、また詳しいだけではなく経験から疑問に関して的確なアドバイスがしてもらえるか、ということも重要なポイントだと思います。


石材に関して言えば、その店独自の呼称で石を案内するところは、その石の正式な石種名を確認してください。
それにこたえられない石材店は問題外でしょう。

きちんとした石種名があるのですから、石種名がないという事はありえません。



話がそれてしまいましたが、お彼岸法要に多くの方が参拝に来られ、あらためて気が引き締まる思いをしましたので追記させて頂きました。

ご覧いただきありがとうございました。





posted by キムラです。 at 16:47| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

仏教墓塔研究会 研修〜京都嵯峨野

仏教墓塔研究会の研修です。

京都の嵯峨野で第三十一回の研修会が行われました。
私は二回目の参加ですが、今回は弊社スタッフも一緒に参加し、正しいお墓の建立を学びます。

講師は仏教墓塔研究会会長の福原堂礎先生、そして奈良吉野山にある金峯山修験本宗信貞寺住職 
徳永瑞幸和尚による研修会となりました。

徳永瑞幸和尚からは、アーユルヴェーダ理論というインドに古くから伝わるインド医学の説明を受けましたが、
「空・風・火・水・地」という五大元素のバランスが健康バランス影響すると考えられる理論で、
これは墓石の原型といわれる「五輪塔」の部材構成と全く同です。

gorinotoubuttou.JPG


科学では説明できないことも、宗教と照らし合わせることで説明がつくこともあるようで、
最近は自然科学や量子力学も宗教との関連性を説いています。


お墓のデザインも自由になり、ご供養の形態も多様化してますが、だからこそ「基本」となる「知識」の
「取得」は、私達供養に携わる人間としては必須条件でしょう。

わずか二日間程度の研修では、さっと上辺を撫でただけの知識かもしれませんが、それでも日々の業務に
役立てることが出来ると思います。


機会があればまた参加させて頂きたいと思います。


2019-2bukyoubotou (2).JPG2019-2bukyoubotou (3).JPG2019-2bukyoubotou (3).JPGキャプチャ.JPG2019-2bukyoubotou (5).JPG2019-2bukyoubotou (8).JPG2019-2bukyoubotou (6).JPG2019-2bukyoubotou (7).JPG2019-2bukyoubotou (1).JPG

posted by キムラです。 at 20:42| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

本年もよろしくお願い申し上げます

 旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年賀.jpg
posted by キムラです。 at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

今年も一年ありがとうございました。

残すところあと一日となった平成30年ですが、皆様にはどのような一年だったのでしょうか。
来年は元号もかわり、東京オリンピック・パラリンピックも開催されます。

世界情勢も大きく変わりつつあり、生活も物質文明から精神文明への移行がさらに加速していくのではないか、とも言われています。
私達が携わっている「供養」の形態もこの一年でとても大きく変化してきました。

時代の流れやテクノロジーの進歩で、色々な「物」や「考え方」が変わる中、生老病死はこれからも連綿と続き、また先祖を想う気持ちも永遠に続いていくことでしょう。

生まれそして育ち生かされている事を素直に認め、常に感謝の気持ちを持ち続けたいと思います。


さて、今年後半は施工依頼が過去最高となり、とても素晴らしい一年となりました。
職人共々、全力で対応させて頂きましたが、年内完成が難しくなる工事もあり、御施主にご了解を頂き完成を持ち越しにさせて頂けたことに深く感謝いたします。

前回投稿のブログで、進行中の墓石デザインのご案内をさせて頂きましたが、その中から完成した墓石の一部を掲載させて頂きます。







001.png007.png006.png003.png002.png011.png010.png008.png009.png005.png




014.png013.png012.png




来年の干支は「亥」

改めて真っすぐ進む道を考えてみるのも良いかもしれません。



今年一年本当にありがとうございました。心から感謝致します。
また、私のつたない文章のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
これからも皆様にとって少しでもお役に立つ情報を書いていきますので、どうぞお暇なときでも覗いて頂ければと思います。

良いお年をお迎えください。



石のきむら 木村 泰長


posted by キムラです。 at 10:05| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

明けましておめでとうございます。

年賀.JPG


 新しい年が始まりました。
今年は戊戌(つちのえいぬ)。わたくし、年男となります。
今年一年、年男として恥ずかしくないよう、精進しなければいけません。

世の中の動きはどうなるのでしょうか。
考えてもわかるはずもありませんから、そういったことは学識者にお任せして、わたくしは一日一日を
無駄のないようにきちんと消化していきたいと思っています。

日々の仕事に追われる毎日になりそうですが、一つ一つの仕事をよく理解し、その仕事の先には
どんな世界が広がっていくか、出来る限りの想像を尽くし、業務に携わっていく所存です。

今年もよろしくお願い申し上げます!


石のきむら 社員一同

 






posted by キムラです。 at 09:06| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

神道洋型墓石 長泰小目  尾張旭市平和墓園

以前からよく使われていた654系の石材ですが、その中でも最近よく使うようになったのが、今回の「長泰小目(ちょうたいこめ)」です。

IMG_1593.JPG


濃いグレーの色目で石目も細かく揃っていて、上品な墓石になりますが、若干の吸水は見られます。

最も石は水を吸って吐くというのがその性質なので、別に問題でも何でもありませんが、「この石は水を吸うから使わない方がいいですよ」と、簡単に石の選別をしてしまう石屋が多いので、「水を吸う石は悪い」となってしまいました。

今回は、その性質もご理解頂いた上での採用となりましたが、完成してみるとその滑らかな石の表情に、私までうっとりとしてしまいました。

元々654系の石が個人的に好きなので、よく使わせてもらいましたが、この長泰小目は石目が細かいので、他の654系の石より吸水が多いと思い、あまり使っていませんでしたが、それほど違いはなく、それよりも石目の滑らかさの方を選んでも良いと思います。

IMG_1615.JPG


おすすめですよ。



ありがとうございました。


posted by キムラです。 at 23:04| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

和型九寸 インド銀河  名古屋市八事霊園

今回は八事霊園での建碑式です。

IMG_1611.JPG

最近では珍しい九寸の名古屋型墓石です。

八事霊園では珍しくない墓石の寸法だと思いますが、他の墓地では八寸型がとても多く、九寸や十寸サイズのお墓はとても少なくなりました。

八寸、九寸というのは、お墓の竿石、一番上にある縦長の部分ですが、この幅のことを表しています。

八寸というのはその幅が約24cm。
一寸が約3cmなので、九寸は27cm、十寸(一尺)は約30cmとなります。

竿石の幅だけでなく全体的に大きくなるので、予算も多く必要になります。



採用した石材はインド銀河。

インドの石材の中では数少ないグレー系の石材で、白い点がちらばり銀河を思わせるという事で付いた名称のようです。

以前からありましたが、そのインド銀河はもう採掘されておらず、今の銀河は新しい石材となります。

石質的も問題なく、インド産ならではの安定した石だと思います。

外柵も同じインド銀河で製作をし、三区画が並んだ墓地区画の真ん中でしたが、周りとの調和も取れとても立派な墓石が出来上がったと自負しています。

御施主にとても喜んで頂いた事が、私たちの何よりの褒美となりました。

IMG_1602.JPG



しかし、外柵の長い無垢材をクレーンも使わず設置する職人には、いつもながら感心し感謝します。



ありがとうございました。



posted by キムラです。 at 23:44| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

建碑式 尾張旭市平和墓園 インドクンナム

先日のお墓開きに続いて、今日もお墓開きをさせて頂きました。

IMG_1426.jpg


今回のお墓も洋型デザイン墓石です。
当店でとても人気のあるデザインですが、間口1mから対応出来ますので、各墓地サイズに合わせて建立が出来、また竿石、香炉、花筒などを個別にサイズ変更も可能な為、同じデザインでもお客様のオリジナル墓石が出来上がります。

IMG_1468.jpg


採用した石材は、インドのクンナムです。

インドの石は黒御影が有名ですがとても種類が多く、その中でもよく使われる石材となります。
文字の彫刻部分には「白色」を入れず、石材の「地肌」を生かし文字を表現しましたが、特に洋型墓石で、色の濃い石を使った場合、色を入れない方が多くなってきました。
やはり後々のメンテナンスを考えると、色を入れない方が彫刻の汚れも目立ちにくく、お手入れも楽になるからでしょう。





12月に入って一段と冷え込んできましたが、当日はとても暖かく、爽やかな日差しの下での建碑式でした。

今回は生前墓ですが、人生の終焉を自分自身で整えておく事で、心の平穏が保たれる事もあると思います。
最近生前にお墓を建てられる方が多くなってきました。





さて、今回の御施主の奥様が画家という事もあり、ご自宅にはたくさんの絵が飾ってありましたが、なんとその中の大切な絵をプレゼントして頂きました。

IMG_1469.jpg




知床半島へデッサン旅行に行かれた際に、「この世の果て」と言われる「トドワラ」の景色を描いた油絵で、そこにつぼみを伴った今まさに咲いたと思われる若い花を加え、そしてその向こうに枯れ果てたトドマツの群生。

まさに「生」から「死」への人生の無常を表現された絵です。

知床半島 トドワラ 
(画像はこちらのサイトからお借りしました  http://hokkaido-lovepower.net/category3/entry12.html
kaiga .jpg

IMG_1469.jpg

私も展覧会などにもたまに出かけて行きますので、とても嬉しいプレゼントです。早速お店に飾らせて頂きました。

IMG_1691.JPG



皆様のありがたいお気持ちを大切に、社員一同精進して業務に携わって行きたいと思います。

ありがとうございました。


石のきむら 木村

posted by キムラです。 at 23:08| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

洋型墓石 スターギャラクシー 一宮市常光墓地

珍しい石でのご建立です。

IMG_1309.jpg

インドの「スターギャラクシー」という石ですが、濃い黒色の中に金色の星が散らばったように浮かんでいます。

スターギャラクシー.jpg


御施主のお子様が宇宙が好きで、天の川とお月様、そしてお子様が書かれた木々を表現しました。

当初は黒御影をご検討されていましたが、ご自身でこのスターギャラクシーを探されてリクエストを頂いたのですが、夜空に浮かぶ月と天の川が見事に表現できました。

IMG_1283.jpg


御施主の努力が実ったのでしょう。




竿石に字を彫る、という事はごく普通の事ですが、字を彫らないという事はあまり想像できないと思います。

しかし弊社では、これで二件目となります。


平成29年1月19日のブログ
http://isiyanohonne.seesaa.net/article/447841793.html



お墓の在り方が大きく変わってきていますが、デザインもホントに自由になってきました。

あなただけの墓石、デザインしてみませんか?
石のきむらがお手伝いさせて頂きます。



ありがとうございました。







posted by キムラです。 at 22:51| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

2017年10月22日のつぶやき








posted by キムラです。 at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

お墓開き 同日で二か所

どうやら台風は、東海地方にかなり接近するようです。
深夜に通過するようなので、明日は台風一過の秋晴れになるのを期待しましょう。

さて、今日は朝に二件のお墓開きがありました。

一件は、先日の庵治石に続いてまたも国産有名石材「大島石」でのご建立です。さらにこちらも洋型墓石でのご建立です。

oosimakaigen.jpg


洋型墓石がとても多くなっていますが、最近国産の石材で洋型墓石をご建立するケースが多くなってきたように思います。

今回は、大島石なので完成がどのような雰囲気になるかとても楽しみにしていましたが、こちらも大島石のあの上品な石目がそのままに表現され、とてもおしとやかな墓石が完成しました。

mizukekaigen1.jpg

画像ではわかりにくいのですが、洋型の場合、竿石の面が広くなるので、大島石の独特の揃った石目がより分かりやすくなり、結果、より上品さが際立ったのかもしれません。



そして、次のお墓開きは、完成してこの日まで待機していたカーサメモリアの「en(えん)」デザイン墓石です。

IMG_1002.JPG



お墓を建てた後、魔除けの意味合いで晒の布を巻くのですが、お墓開きまで日が空くと、どうしても汚れてしまうので、前日か当日に新しい晒にまき直しをします。


最初に巻いてあった晒を解き、新しい晒に巻き直しをしました。
niwakekaigen1.jpg

雨が降っているので、少しの間ですがカバーを被せて精入れを待ちます。
niwakekaigen2.jpg


開眼式
enkaigen.jpg



こんな天気にも関わらず、御施主様、お寺様とご足労頂き、立派なお墓開きが無事に済ますことができ、心より御礼申し上げます。

皆様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございました。

石のきむら 木村 泰長




posted by キムラです。 at 17:21| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

尾張旭市民祭2017

市民祭に今年も出店しました。
販売するのは、いつもと同じ天然石ブレスレットです。

IMG_0965.JPG

毎年毎年、同じ物なので、品物を変えようかなとも思いましたが、いつも買いに来てくれるお客様もお見えになるので、今年も同じ天然石ブレスレットの販売をしました。


イヤリングに数珠も販売します。
IMG_0966.JPG


お墓の相談室もさせて頂いておりますが、今年も一名の方がご相談にお見えになりました。
IMG_0970.JPG


しかし、今年はあいにくの天気のせいか、例年のような賑わいはありませんでした。
それでも、お母さんにプレゼントすると、お小遣いを貯めたのか、自分のと二つ、綺麗に畳んだ千円札でお買い上げ頂いた小学生の女の子に、心があったかくなりました。

お母さんにプレゼント.png



posted by キムラです。 at 20:16| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

天候不順で工事が間に合うか心配

季節外れの台風の為、雨の日が続きます。
毎年恒例の市民祭も、雨と肌寒い日が続くので、例年のような賑わいはあるのでしょうか。  

さて、雨が続くと現場の仕事が出来ないので、お墓開きを控えた工事が気になります。

基礎も打ってあるので、後は組み上げを残すのみですが、この組み上げが雨が降ると出来ないのです。
どうしてかというと、石を組み上げる時(石材を現場に降ろす際も)、クランプという吊具で石を挟んで降ろすのですが、石が水に濡れると滑って挟むことが出来なくなるのです。

クランプ
クランプ.JPG

雨の合間を見計らって、少しづつでも組み上げて行くしかありません。






posted by キムラです。 at 18:06| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017年09月16日のつぶやき








posted by キムラです。 at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

庵治石で洋型墓石を組み上げる。 尾張旭市平和墓園

庵治石が入荷しました。

IMG_0752-2.jpg

日本が世界に誇る最高級墓石材「庵治石」。
今回は、その中でもさらに貴重な細目を使います。

さらに今回ご建立されるのは、和型ではなく洋型です。

庵治石で洋型を建立するのは、初めての経験ですが、組み上がった時、どのようなオーラを醸し出すのでしょうか。



完成予想カラーパース
ID460-2.jpg





庵治石は、香川県で産出されますが、「斑(ふ)」というヒョウ柄のような模様があり、その模様がとても特徴的でかつ、庵治石にしかその「斑」は出ません。

原石から加工まで、その産地ですべて行われ、集荷された墓石にはシリアルNOの記入されたステッカーと産地照明が発行されます。


庵治石
庵治石.jpg

庵治石について 高松市牟礼庵治商工会ホームページ



完成がとても楽しみです。