2015年09月17日

鍬入れ   尾張旭市平和墓園

 来月は、私達地元の市民祭が開催されます。

毎年の恒例行事ですが、延べで五万人もの人達が訪れる、人気の行事です。

パレードや、食べ物、バザー、出店などもあり、プラリとお散歩がてらに出向くのにも良いと思います。


 今年も出店致しますので、是非遊びにお越しください。

昨年の出店風景
__ 5-2.jpg


例年通り超破格値の天然石ブレスレット、アジアのお香や、ちょっとしたグッズも販売しますので、

お楽しみに。



 さて、今日は秋に改装されるお施主と、新しい墓地の鍬入れ式をさせて頂きました。

お墓を建立する時に必ずする事でもありませんが、お時間が取れればされた方が、これからのお墓づくりにお施主も参加するのだという、気持ちを引き締めるためにもお勧めします。

お時間が取れればというのは、鍬入れの日柄を見させて頂く為です。

大安とかの六曜ではなく、暦の十二直や廿八宿を見て、鍬入れに良い日柄をご案内しますが、当然平日になる事もありますので、日柄とご都合が合わない事もございます。

今回は、お施主の九星とも照らしあわせ、十一月十七日の、この日となりました。

十二直は「閉(とず)」廿八宿は「奎(けい)」、選日は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」となり、
とても良い日柄となっています。

(参考)
「閉」金銭収納、建墓に吉
「奎」建築、結婚、移転、神仏祭祀、旅行などに吉
「一粒万倍日」一粒の種が万倍にも実るという日。種まき、開業、土地・家屋の購入に吉


 正式な地鎮祭まではしませんが、簡単な「鍬入れ」だけでも充分、土の神様への報告になると思います。


後は、無事に工事を完了することに専念します。
IMG_9424.JPG

ありがとうございました。  木村





posted by キムラです。 at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

お墓を整える

 先日、お店にお墓の草取りをお願い出来ないか、とお問い合わせの電話がありました。

もちろん、承りますと内容をお伺いした所、当店に電話をする前に、3件ほど業者に問い合わせをしたにもかかわらず、すべて断られたそうです。

信じられないのですが、内2件は電話の段階で断られ、1件は現場を下見した後、それっきりだったそうです。

直接お会いしてお話をお伺いしたのですが、とてもご高齢のお施主で、自分自身ではお墓のお掃除が困難になり、ご子息も遠方に在住のため、この度、業者に任せようと、問い合わせをされたとの事。

他に業者はいないものかと、電話帳を調べた所、同じ町内に当店があることをお知りになったそうです。


 当店は、一昨年に新店舗として移転してきましたので、存在をご存知なかったとの事でした。


お施主とご一緒に、墓地の確認をさせて頂き、御見積を提出させて頂き、御用命を頂きました。

__ 5.JPG


草取りをして、防草用にセメントを打ちます。

__ 7.JPG


雲行きが怪しかったので、セメントの養生が済むまで、シートで覆いました。
__.JPG


セメントの養生が済んだ後、那智石を新しく撒いて完成です。

IMG_8729.JPG


また、墓石に納骨室を設けてないという事で、小さいですが納骨室も墓地内に設けさせて頂きました。

 ご予算は、税込みで¥26.200となります。



この作業の後、当店のお墓管理サービスの千引の会へもご入会頂き、これからは、私共が責任をもって

お墓の管理をさせて頂くことになりました。


お盆の際の千引の会報告書添付写真です。
千引き2015-8-15-6.JPG

 ありがたい御縁を頂いたと、感謝しています。








ラベル:お墓のお掃除
posted by キムラです。 at 06:09| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

お墓の紹介サイトの登録をすべて解約しました。

 ブログのアップがすっかり遅れてしまいました。
写真も沢山集まっていますので、これから順次アップして行きたいと思います。


 さて、今日の裏話は、「お墓の一括見積もりサイト」との契約解除のお話です。


以前もマイ・ベストプロで、私がコラムをアップしましたが、
(マイベストプロ愛知のコラム↓)
http://mbp-aichi.com/kimura-tr/column/2146/

お墓を建立希望のお客様を石屋に紹介し、契約が成立したらその石屋から
紹介料を受け取り、お客様へはキャッシュバックするというシステムで、
当然、その紹介料は、御見積に入っています。

 一括見積りサイトから紹介されたお客様には、沢山の石屋から御見積が
届くことはわかっていますし、契約が取れるか取れないかは、運次第な所も
あるため、忙しい石屋は高めに出すでしょうし、暇な石屋は仕事が欲しいので、
私が見ても(以前お客様に見せて貰いました)、ダイジョウブ?という
見積金額が出てきます。なぜかと言うとその見積りには、その金額の根拠が
何も明記してありませんでした。

紹介サイトの運営者は、契約さえ取れればいいので、使用石種の価格比較や
工事規定、アフターサービスなどは一切関与していません。

紹介サイトへの登録の際も、面接にすら来ません。

そんな、紹介サイトへ当店も一社だけ登録を残していましたが、その業者から先日、
「今後は、地域優良店を限定数登録し、その業者へ優先的に紹介します。
つきましては、御社を優良店に登録をしたいと思いますので、登録をお願いしても
よろしいでしょうか。」と、連絡がありました。

要は、優良店に登録すれば、紹介が優先的に受けれるので、登録料を毎月支払って
下さい、と言うことです。

 一括見積もりサイトの契約率は、見積り依頼の総件数の約10%程度の様ですから、
以前と違って、紹介サイトがこれだけ増えれば、サイト運営も大変なんでしょう。
なので、固定収入を増やそうという思惑なんでしょうか。

私は、その場で、その業者との登録を解約しました。

やはり、私以外にもこのようなシステムを危惧している方達が多いようです。
参考サイトです。↓
http://ameblo.jp/marble-granite/entry-11992234157.html

 こういったサービスは、出始めの頃は、とてもしっかりとした考えのもとで
運営されるため(そうでないと受け入れてもらえない)、お客様、石屋共にメリット
のあるシステムでした。

当店も、初期の段階で登録し、良い環境で経費節約をし、お施主に還元出来ていましたが、
先発のそのサイト運営者は、後発の同じようなサイト運営者に飲み込まれ、
初期の運営目的を果たせなくなってしまったようです。

当店も一社だけ登録を残し、様子を見ていましたが、やはり一括見積もりサイトの
利用者は激減しているようで、先に書いた優良店登録の案内が来たという次第です。



 最近は、他県から当店への見積依頼や問い合わせも増えてきています。

一括見積もりサイトと同時に、当店へ見積依頼をされるお客様も多いと思います。
これは、是非ともお客様にして頂きたい事です。
当店へ、ということではなく、お近くの石屋さんでも、ホームページが気になった
石屋さんでも構いません。
もしその石屋さんが、紹介サイトの登録店だった場合でも、お客様の見積依頼の早い方が
優先権がありますので、紹介サイトと同時に他の石屋さんに見積依頼を出せば、
登録店だったとしても、その石屋さんは紹介サイト経由での商談はしないでしょう。

当然ですよね。



 時代とともに新しいサービスが生まれ、そして淘汰されていきます。

私達の業界も、様々な供養のあり方が紹介され、また実際に行われています。

皆様にとって、もっとも心の落ち着くご供養をなさって頂きたいと思います。

IMG_8787.jpg

                                 木村


 













posted by キムラです。 at 21:05| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

他社で契約されたとご連絡を頂きました。


 お墓の御見積は、数店舗で相見積もりを取ることは、

より良いお墓づくりには、必須条件です。

私も、お客様には、当店だけでなく、他店でも御見積を取って頂くようにお勧めしています。


 電化製品などと違い、同じ石材を使ってもお店ごとに大きく価格が変わる「墓石」ですので、

少なくとも2店舗以上で、御見積を取ることは、後から「しまった」と思われる事を回避する

一番良い方法だと思います。


 もちろん、価格だけではなく、その見積の書き方や、表記してる項目、その内訳などや

アフターサービスは、どうなのか、など総合的に判断して頂くことは、価格以上に大切な事です。


 多くのお客様に御見積を出させて頂いていますが、先日「御見積を頂きましたが、誠に申し訳ありませんが、

今回は他店でお願いすることにしました。」と、わざわざご連絡を頂きました。


 御見積は、あくまで御見積であり、契約書ではありませんので、貰いっぱなしでも

構わなのですが、こうしてご連絡を頂けると、商談を逃したことより、ご連絡頂いた事に

感謝しています。


 見栄を張って言っているわけではなく、「あのお客様は、その後どうなってるのかな〜」

とか、「いつか注文を頂けるのかな〜」とヤキモキしているより、よほど気が楽になります。

それに、机の上の山のような書類も整理出来ます。



 お墓の場合、御見積から御契約まで、1年から2年程掛かる事も多くありますので、

どうしても、御見積などの書類が増えてしまうのです。


 
 さて、気を取り直してまた頑張りましょう。



ありがとうございました。


日の出.JPG




posted by キムラです。 at 21:07| 愛知 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

明けましておめでとうございます。

 旧年中は、仕事もプライベートもとても充実した一年を過ごす事が出来、これも皆様から頂いたご縁のおかげだと、
心から感謝しています。


 本当に、お世話になりました。
今年一年も、さらに皆様のお役に立てる石屋を目指して頑張る所存でございます。

 

 昨年の御札を返しに、今年も京都へ初詣に行って参りました。
御札を頂いた、豊臣廟へお参りに行き、あの長い階段を息を切らせながら秀吉公のお墓参りも済ませ、
豊国神社で、今年一年の、無病息災をお願いし、仕事運、そして勝守りの御札を頂いてきました。

初詣15掲載.JPG

初詣31.JPG



 お参りの後、今年は臨済宗妙心寺派の本山を訪れ、いかにも当時の学び舎を思わせる多くの寺院が建ち並ぶ境内に圧倒されながら、自身も身を引き締め人生は一生勉強だ、と再度認識した次第です。

初詣13.JPG


その後は観光に切り替え、金閣寺、鈴虫寺と廻り、帰路に付きました。

初詣3.JPG


 また無事に御札を返しに来れるよう、怪我や事故の無いように、コツコツと、しかし確実に一日一日を過ごして行きたいと思います。



ご閲覧頂きありがとうございました。  木村






posted by キムラです。 at 21:22| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

格安墓石(ベトナム産)を検品

 以前より準備をしてきましたベトナム製作の墓石が、ようやく入荷しました。
IMG_6910.jpg

試行錯誤をしながらやっと完成した試作品第一号です!

製品としては、かなりの完成度で、磨きもしっかりとして艶もあり、墓石としては充分なレベルですが、
私個人としては、まだ改良する箇所もありますので、更なる高品質な墓石の製作を、現場へ伝えました。

製作の現場では、大変な努力をしながらの試作品の完成だと思いますが、客観的に見て判断しなければ本当に良い製品は生まれないと思います。

でも、ベトナムへ行った時に感じた
あの勤勉さがあれば、日本の皆様にも
満足のいく、素晴らしい墓石が出来上がると、信じています。


第二号が楽しみです。


只今、ベトナム産墓石の取扱店募集中です。
ご興味のある方はこちらからお問い合わせ下さい。
 
ベトナム産墓石お問い合わせ




ご閲覧ありがとうございました。   木村

posted by キムラです。 at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

お墓の「サビ・汚れ」落としました!

 以前、当店でご建立させて頂いたお墓の外柵に、薄い黄ばみが出てきました。

お墓を建てた後、年二回の清掃・点検メンテナンスを、三年間アフターサービスとして、当初より実施していますが、
その際に、発見しました。

「サビ」です。(緑のテープの右側)

拡大.jpg


石には鉄分を含んでおりますので、サビが出ても不思議ではありませんが、でも、出やすい石と
出にくい石も確かにあります。

今回外柵に使用した石材は、中国のG614という、白系御影石です。

以前より価格も安く、石目も価格の割には綺麗で、石質も安定していたので、外柵に限らず、
墓石本体にもとても多く使われてきた石材です。

しかし、石を採り過ぎたのか、最近この石材の採掘量が激減し、必然的に石質が不安定になってきました。

でも、このお墓を建立した時期は、それほど品質の低下の情報が入っていませんでしたから、
コストパフォーマンスを考え、採用したのですが、サビが発生しました。


良く見ると、サビと共に、白い粗塩のような結晶も見えます。

白い結晶.jpg


調べて見ると、これは石の中に含まれる長石(ちょうせき)が、熱を加えられて石材の表面に
浮き出てきた物、らしいです。

要するに、製作の過程で、石に磨きをかけて鏡面仕上にするのですが、日本向けの墓石は、見栄えに対して
の要求が凄く高いため、一生懸命磨きすぎて、結果、1〜2年するとこのような白い結晶が出てくるようです。


以前、私共のホームページを見て、福島の方から同じよな現象が起きたけど、何処に聞いても原因がわからないからと、ご相談を受けたことがありました。


最近は、この石種G614でこのような現象が度々起きると聞いています。


採掘量が激減し、残り少ない石材を有効に使おうと、色々と工夫した結果かも知れません。


サビも、この結晶も綺麗に取れますので、心配はありませんが、墓石材は天然物です。
ピカピカに磨かれた墓石は、気持ちの良いものですが、天然の風合いも多少残す「あじわい」が
あっても良いと思うのですが、いかがでしょうか。

サビ取り前後-1.jpg

サビ取り前後-2.jpg



ご閲覧ありがとうございました。   木村















posted by キムラです。 at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

名古屋市平和公園でお墓のクリーニング

 今日は、お墓のクリーニングに行って参りました。
当店のホームページを見て、お問い合わせを頂き、クリーニングのついでに
新しい花筒の新設もご依頼頂きました。

かなり強力な汚れが、しっかりと固化しています。

IMG_6394-2-2.jpg


場所は、名古屋の平和公園。

山、一つ全部が墓地の様な、とても大きな霊園です。
平和公園空撮写真3.bmp

 汚れは、研磨したり、高圧洗浄などはせず、オリジナルのケミカル材で、少しづつ除去して行く、
とても根気のいる作業ですが、綺麗になった時の爽快感がとても気持ち良いので、コツコツと進めます。


 さて、出来上がりは?

後日、アップ致します。



ご閲覧ありがとうございました。  木村



posted by キムラです。 at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

お墓の建立工事:新城市で墓地の現場確認 真壁石(茨城産)

 お墓の御見積依頼を頂いた場合、必ず建立場所の確認を行います。



公営墓地のように、区画サイズがわかっていても、お隣にはどのようなお墓が立っているか、また集落墓地で
あれば、どのようなデザインのお墓が多いのか、和型なら二段型が多いか三段型が多いか、墓誌版は、どの位置に設置されているか、使われている石種は、など、ただ墓地サイズを測って来るだけではなく、地盤の確認など、出来る限りの情報を集めてきます。

 特にデザイン墓の場合は、この時の情報が多ければ多いほど、お施主にアドバイス出来る量も多くなりますので、お墓を作る本人になったつもりで、墓地内を観察します。
__ 4-2.jpg

__ 11-2.jpg


墓地の現地確認を済ませた後は、お施主の大まかなご希望をお伺いし、デザインを考え、図面を引きます。

実は、お墓は現場で施工する前の、打合せにとても時間がかかります。

いや、私は特に時間をかけるようにしています。

何事も手間をかければかけるほど、良い結果が出ると、私は思っています。


ご閲覧ありがとございました。   木村

posted by キムラです。 at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

ついに完成!ベトナム墓石試作品

木村様製品2-2.jpg


 今日は一日、ベトナムからの試作品の税関手続きに行って参りました。
個人輸入扱いですので、新しく輸入申請を提出し、後日改めて製品の引き取りに行きます。

今回は初めてのケースですので、税関の検査があるようで、赤外線で中身を確認するとの事。

しかし、税関職員はとても親切で、丁寧に書類の書き方などを教えて頂きました。

申請書の許可がでるまでの間、税関の机の上に置いてあった「関税一覧」という分厚い本があったので、
パラパラ見ていたら、石碑などは関税がかかりませんが、やはり食品類は、かなり多くの種類に関税が
掛けられていました。

驚いたのはチーズ類で、高いものは50%もの関税が掛けられていました。
なぜなんでしょう?


さて、試作品。 楽しみです。

また、ご報告致します。


ご閲覧ありがとうございました。   木村
posted by キムラです。 at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

心を込めてご納骨のお手伝い 


 昨年、墓誌版を新設して頂いたお客様から、ご納骨をしたいと、ご連絡を頂きました。
PIC_0038.JPG




墓誌版新設の際に、法名は彫り入れたのですが、納骨だけは後日ということで、ご自宅で保管されて
いらっしゃいました。

お年寄りの奥様なので、カロート蓋の香炉を開けることは危険です。
「石」は見た目より重いので、無理はせず、ご納骨の際は、石屋に頼んだ方がよいでしょう。

墓石を作ってもらった石屋なら、無料で手伝ってもらえるはずです。
もちろん当店は、お客様からお代金は頂きません。
追加彫りをご用命頂いたお客様にも、ご希望であれば無料でご納骨のお手伝いさせて頂いています。

作った石屋がわからない時は、頼むことになりますが、それでも地元の石屋なら多分無料か、数千円で手伝ってもらえるはずです。



石屋とか墓石店は、墓石を建てることだけが仕事ではありません。

ご自宅の石垣の補修もすれば、庭先の土間コンクリート打ちもします。

もちろん、石を使った製品、例えばベンチとか、ポストとか、表札なども作ります。

もっと、石屋を身近に感じてもらえるように、私達も努力をする必要があるでしょう。


ご閲覧、ありがとうございます。    木村





posted by キムラです。 at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

お墓のリフォーム:今回は、墓地の移設と合わせて、外柵リフォームのご依頼を頂きました。

IMG_5607-2.jpg

 この墓地は、私共にとって本当にご縁のある墓地で、墓地の改修工事や、補修、新規建立など多くの仕事のご依頼を頂いております。

今回のご依頼は、現在の墓地位置を上の写真後方の切り株の辺りへ、移動しようという案件で、それに合わせて、外柵(墓地廻りの囲い石)も新設したいというご要望です。

この墓地は、古い集落墓地で、墓地面がそのまま山の法面の様な形状ですので、施工時にきちんと水平出しをしますが、いかにコストを掛けずに、平均的に外柵を設置するかも同時に検討します。

色々と考案した結果、間石積み(お城の石垣のような物)ではなく、石板でぐるりを囲む外柵デザインとしました。
こちらの方が、お手入れもしやすく、また汚れも付きにくいという判断もありました。

使用する石種も、インドのアーバングレーという石種で、本来は外柵ではなく墓石本体に使用する石材ですが、この石は吸水率が殆ど無く(建立後の経過を見てきた実感です)、ツヤ落ちもないので、廻りが木に囲まれた森のような墓地環境には、とても適していると思い、お施主にお勧め致しました。
ご予算は、多くなりますが、永代に渡って受け継がれて行くご家族のシンボルとなる「お墓」ですので、お施主も快く承諾して下さいました。

 さて、この現場、何の問題もなく無事完工することを願います。



ご閲覧ありがとうございました。







posted by キムラです。 at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

墓石新規建立:三重県紀伊長島からのお問い合わせを頂きました。

 中部地区エリア以外からも、色々なお墓のご相談を頂きますが、今回は、三重県の紀伊長島から
新規建立のご相談を頂きました。
距離的には遠いのですが、高速道路も完成し、施主のすぐ近くまで行くことが出来ます。
それでも2時間弱掛かりますが、お声がかかれば、可能な限り出向きます。
紀伊長島地図.jpg

谷口幸男様建立地.jpg

ご閲覧ありがとうございました。   木村

posted by キムラです。 at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

お墓のおはなし

ベトナムIMG_5158.jpg


初めまして、木村と申します。

私はお墓屋さんです。たいていの町に一件か二件は必ずある墓石店です。

ほとんどの方は通常の生活では利用する機会がありませんので、

墓石店の存在さえご存知無い方も多いかもしれません。

でも必ず一度はお墓の事を考える時が来ると思います。

そんなお墓が今、色んな意味で変化が起きています。

お墓を建てるご予定の方はもちろん、そうでない方も知っておいて損はない

石屋のおはなしにお付き合いしませんか?

posted by キムラです。 at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする