2016年12月04日

引き墓から新規建立に~三好市辰巳山墓園

引き墓、最近では墓じまいなどと造語が使われてますが、そのご相談が始まりでした。

奥様のご実家の跡取りがおらず、奥様方のお墓を引き墓して、永代供養にする予定でした。

しかし、娘さんがやっぱりお墓があった方がいい、と言われた事で、ご主人のご実家のお墓に隣接して、建立する事になりました。

20161204164613375.jpg


メディアで取り上げられ、お墓の撤去が多くありましたが、少し落ち着いて来たようです。

最近は、若いご夫婦やご子息が建墓の相談に来られる事が多くなってきました。

デザインも豊富になり、お墓創りのしきたりが自由になって来たのも影響しているのでしょう。



お墓は、一度撤去したら二度と元には戻せません。

今までのお墓参りでお墓に込めた気持ちも歴史も全て無くなってしまいます。

もちろん、事情があっての引き墓だとは思いますが、お墓を引き払う前に少し想いを馳せてみてはどうでしょうか。



ご一読頂き、ありがとうございました。






posted by キムラです。 at 17:01| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

堂々完成!カーサメモリアNagomi(ナゴミ)Shiori(シオリ)Yukari(ユカリ)いいとこ取りデザイン!〜豊田市

めっきり肌寒くなってきましたが、朝と日中の寒暖差が大きいので、体調を崩さないように、皆様ご自愛下さい。

さて、以前ごご案内させて頂いたカーサメモリアの合体デザイン墓石がようやく出来上がりました。

過去ログ↓
カーサメモリア新規建立  Shiori1 Shiori2 TanakiNI YukariNI Nagomi 5種組み合わせの続き豊田市



今回は、デザインもさることながら、施主のご要望により、墓石内部の空間を出来る限り快適にする為、内部はすべて
石張りとなっており、さらにカロート(納骨室)が三室に分けてあるため、通常のお墓とは違う、施工の難しさがありました。

内側は、総石張りの鏡面仕上げなので、まるで宮殿の様です。

私はデザインと構造を考えますが、施主の希望を出来る限り取り入れたい為、結果いつも現場でウチの職人が苦労をしています。

いつも申し訳ないと思いながらも、お墓創りは何代も引き継がれていくとても重要な建立物なので、私も気が入り、建立するのにひと手間もふた手間も掛かるお墓デザインになってしまいます。


その中でも今回のカーサメモリアは、建立地盤が勾配になっているという事や、デザイン上天板(墓石の上に被さる石板)が、四方の外柵の上に乗るデザインではなく、内側に落とし込まれるデザインなので、その補強材が必要になるなど、通常の墓石の構造体ではないので、職人もかなり苦労したと思います。


出来上がったオリジナル墓石
神谷家 (1).JPG



その時の完成イメージカラーパスがコチラ
C-112-2 神谷家(663 栄州).jpg

神谷家 (2).JPG


いかがでしょうか、かなり忠実に再現出来たと思います。




最近、引墓(お墓を撤去すること)がとても増えていますが、「お墓」は単に「お骨を収めているだけの場所」ではなく、この浮世で生かされている私達の存在を改めて認識し、生まれてきた事の証を確かめる場所でもあります。

引墓が簡単に出来るようになったように、お墓もとても自由に建立することが認められてきました。

あなただけの墓石創りに、石のきむらは最善を尽くします。





posted by キムラです。 at 17:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

禅と心のかたち 〜 特別展 名古屋市博物館

午後から時間が取れましたので、久しぶりに美術館か博物館へ行こうと調べたところ、
名古屋市博物館で曹洞宗の総本山、總持寺が所有する至宝の特別展がありましたので、いそいそと
出かけました。

名古屋市博物館.JPG

禅と心のかたち.JPG


特別展へ行く前に、總持寺の事をざっと調べると、永平寺と並ぶ曹洞宗の総本山で、元は石川県の輪島に
あったようですが、明治の時代に全焼し、それを機会に現在の神奈川県横浜市に移転されたようです。

詳しいことはウィキペディア↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%BD%E6%8C%81%E5%AF%BA%E7%A5%96%E9%99%A2



曹洞宗と言えば道元(どうげん)禅師が開祖ですが、今回の特別展で瑩山禅師(けいざんぜんじ)、
峨山禅師(がざんぜんじ)が広く曹洞宗を全国に広めたことを知りました。

当時の寺の規約なんかも展示してありましたが、実に簡素で、数行しか規約はありません。

基本だけ伝え、それを元に自分で考え行動しなさいという事でしょうか。

マニュアルが溢れている現代とずいぶん違うようです。

当時の仏像や、製作した時代がわからないくらいの仏画、仏像も展示してありましたが、実に細かい所まで
丁寧に作り上げており、それが現代まで保存されている事に、改めて感心させられた次第です。



歴史を感じさせる仏画、仏像を見ていると、自分の存在がとても小さく、しかしとても大切な存在である事が、
ひしひしと伝わってくるようで、少しは心が落ち着いたようです。




ご閲覧ありがとうございました。

木村



posted by キムラです。 at 21:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

素晴らしいデザイン墓石が完成しました。カーサメモリア Shink+Sou+Yuka  尾張旭市平和墓園

 以前もご案内しましたが、弊社のデザイン墓はすべてワンメイクで、同じデザインのお墓はほとんど
ありません。

もちろん、基本デザインはあるので、そのデザインで建立されるのも良いのですが、数ある基本デザイン
の中からお気に入りの部分だけ採用し、全体のバランスを考えながらデザインを起こす事も可能なので、
必然的にたった一つのお墓となるわけです。



そして今回も一年近く施主とデザインを繰り返し考え、ついに完成したのが、こちらのデザイン墓石です!
DSC_0736-2.jpg



施主にご指示頂いた、石の使い分けも絶妙で、とてもセンスの良いお墓が出来がりました。

いや〜、石屋冥利に尽きますね。頑張った甲斐がありました。



お墓開きです
DSC_0844-2.jpg




しかし、最近施主と永い時間をかけて創り上げたデザインを、そっくり真似する業者が出てきて
とても残念です。



どうしても墓石のデザインは「墓石」という性質から、形が似通ってくるのは仕方のないことですし、
なんの情報も持っていないお客様が、墓地で「こんな感じのデザインがいいな」と思われ、それを
担当の石屋に希望デザインとして伝える事は、当たり前の事だと思います。

むしろ石屋側としてもお客様のご希望デザインが把握でき、よりご希望に近いデザインを考える事に
繋がりますので、歓迎できることであり、実際、図面製作のCADシステムにも多くのデザインがあらかじめ
用意されています。


問題なのは、その石屋の考え方だと思います。


CADに用意されているデザインなのか、まったくのオリジナルデザインなのかは、石屋であれば見れば
すぐ判断が付きます。

よく採用される汎用デザインであれば、施主のご希望通り図面を引いてあげれば良いと思いますが、
明らかにオリジナルデザインの場合は、その旨施主に伝え、意匠登録に抵触する可能性もあると説明し、
その代わり、その墓石以上のデザインを考案しましょう、とプレゼンするのが本来の石屋、いやご家族の
シンボルとなる「お墓」創りを承る私たちの仕事ではないでしょうか。




ノルマに追われ、売ってしまえばそれまでと、他店がお客様と永い時間を掛けてやっと創り上げたデザインを
なんのためらいもなく真似をする。

石屋である前に、私達の携わる仕事の意味を、しっかりと認識したいと思います。











posted by キムラです。 at 23:09| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

墓地にステンレスの手すりを設置  尾張旭市聖平坂墓地(川南墓地)

ブログのアップがなかなか出来ず、一か月が過ぎてしまいそうなのでコツコツとパソコンを叩いています。

昨年暮れからの工事は、三月から四月頃までに完成予定が多く、五月、六月の間は、お盆までの完成や、今年後半から、来年完成予定のお客様との打ち合わせで、デスクワークが中心となります。

また、私の地元公営墓地は、毎年5月に墓地の受付を1ケ月間しますので、そういった意味からも、6月以降から、後半にかけて繁忙期となってきます。
ただし、今年は年に一回だった公営墓地の受付が、今年は秋にも受付をするようなので、墓地の申し込みを忘れてしまった方は、秋の受付開始を待ってお申し込みをされたらよろしいかと思います。



さて、デスクワークの甲斐があってか(もちろんお客様のおかげです)、おかげさまで来年の分までご依頼を頂き、市内はもとより、豊田市、大垣市、清須市、安城市、半田市方面など、只今十数件の新規建立を承っています。


本当にありがたいことです。


しかし、甘んじる事なく、今まで以上に精進しなければいけません。


それで、今日のブログテーマの「墓地にステンレスの手すりを設置」ですが、以前墓地区画整理を承った墓地管理組合様から、今回は墓地内に、手すりを設置してほしいとのご相談を頂き、この度、やっとの思いで完成したので、その内容をご報告したいと思います。 →過去のブログ

やっとの思いと書いたのは、実はこの案件は昨年からの案件で、それがこの時期までずれ込んだ訳は、予算の折り合いが付かなかったという理由からです。

決して、管理組合様の予算が厳しいという事ではなく、私が当初踏んでいたステンレス手すりの製作見積が、大幅に違っていて、「なんでそんなに高いの?」というステンレス製作会社からの見積提示が続いていたのです。

これは私の算段が間違えば、そのまま施主への見積もりに反映してしまうので、製作業者の見積もりを、「はい、わかりました。」と、簡単には受け付ける事が出来ません。

施主へ御見積を出す前に、私自身が納得のいかない見積もりを出すわけにはいかず、何社とも掛け合い、「やっとの思いで」納得のいく製作業者を探し出した訳です。

でも、努力した結果、施主にも喜ばれ、出来栄えも素晴らしく、ご年配の方が安心して掴まる事のできる「手すり」が完成して、私も肩の荷がおりました。

では、百聞は一見にしかず、ご覧くださいませ。

聖平坂墓地ステンレス手すり (3).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (2).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (4).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (5).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (6).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (7).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (8).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (9).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (10).JPG

聖平坂墓地ステンレス手すり (1).JPG














posted by キムラです。 at 17:25| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

尾張旭市平和墓園受付結果

平成28年度の尾張旭市平和墓園の受付が5月31日に終了しました。
今年の受付件数です。

2u区画 募集区画数50に対し 23件

3u区画 募集区画数 5に対し 13件

4u区画 募集区画数 5に対し  5件

以上の結果なので、2u区画と4u区画にお申し込みされた方は、多分無抽選で権利獲得になると思います。


昨年は、2u区画は受付数が42件
でしたので、大幅な減少となりましたが、3u区画と4u区画は、ほぼ昨年と同じ受付件数となっています。

今年の受付結果から私個人が思う事は、現在または将来的にもお墓を建立するという意思がより明確な方が申し込みをされ、とりあえず墓地だけ確保しておこうか、という方は申し込みをされなかった、という事でしょうか。

それは、旭平和墓園は建立期限(墓地を確保してからお墓を建立するまでの期限が定められていること。瀬戸市の春雨霊苑では、三年以内に建立しなければいけない)のない公営墓地の為、今でもお墓の建っていない区画が多くある事から推測されます。

また、昨今の「墓じまい」や、「永代供養」などがメディアなどで多く取り上げられた為、供養の仕方として、「お墓」だけでなく、色々な供養の方法を選択できるようになった事も一つの原因かもしれません。

行政や寺院が「樹木葬」や「合祀」を開発、展開させることでお墓を建てる事への使命感が薄れてきているのも事実だと思います。

「心のよりどころ」として一族の要ともなっていた「墓」ですが、その人生の終焉を飾るお手伝いをする私達も、今大きな変化を要求されています。

これからは、「お墓を持っている家」と「お墓を持っていない家」とが両存する事になると思いますが、「お墓」は、「心のよりどころ」となる事には間違いない事なので、是非、慎重に人生の終焉を飾って頂きたいと思います。


それと老婆心ではありますが、旭平和墓園の申し込みを検討されていらっしゃる方は、早めに墓地を確保された方が良いと思います。

なぜかというと、新しい墓地区画の2u区画は現在墓園駐車場から一番遠いN区画となっていますが、今ならまだN区画の入り口近くになります。

毎年受付区画が入り口から奥の方へ移って行くので入り口から遠くなり、さらに奥の方は森に近づく為、冬場の落ち葉が多くなります。
また、森に近づくことで墓石に花粉などが付きやすく、汚れの原因となります。

前記に明記したように、旭平和墓園は墓地を確保した後の建立期限がないので(平成28年5月時点)、生前墓も含め、お墓を建てるご予定の方は、墓地だけ早めに確保された方が良いと思います。


旭平和墓園案内図.jpg

Nkukaku.jpg
















posted by キムラです。 at 12:33| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

そうだったの?! 目からウロコ お墓のお掃除教えます。  プロが教えるお墓のお掃除のコツB            実は「水」だけで充分綺麗になります!

目からウロコシリーズ 第三段です。

暫く間が空きましたが、今回は最大のネタばらし?! でしょうか。
今回の内容は、墓石のクリーニングをする私達にとって、最も知られたくない内容となります。

ではなぜバラしちゃうのか。

実は、弊社に墓石クリーニングの相談をされたお客様には、以前から「まず先に、お水で綺麗に洗ってみてください。ブラシを用意しごしごし洗ってみてください。」とアドバイスをさせて頂いてます。

でも、お客様の中には「お墓の一番下の土台石がまっ茶色で、凄い汚れなんですけど・・・」と、とても一般の方では綺麗にするのが無理だと言われる方も多くお見えになります。

そこがミソ、なんですね、私たちの。

クリーニング前と、後の違いが一番わかる部分ですから。

でも、この部分の汚れ、私達が使う石材専用のケミカル材は使わなくても、「水」だけで簡単に取れます。

墓石の土台石や、墓地区画周りの外柵にもよく付いている汚れです。


水洗い前
墓石クリーニング水洗い前.jpg


水洗い後
(サビ、コケなどはケミカル材で除去しています。後日、サビ、コケの取り方もご案内します。お楽しみに)
墓石クリーニング水洗い後.jpg

いかがですか?




さて、目からウロコシリーズ、次回からはお墓のクリーニングについて、お話を進めて行きたいと思います。


ご自身でも充分クリーニングは出来ます。




ご閲覧ありがとうございます。


石のきむら 木村











2016年05月05日

とても人気があります。カーサメモリアのお墓

ren1_img_02_white.jpg

益々人気度アップのカーサメモリアのお墓。

デザイナー墓石の草分けで、いまのデザイン墓石の原型を作ったと言っても過言ではないと思います。

デザイナー 福田和哉氏
images.jpg

今年もニューデザインが公開されました。
2016 New Design Yukari1
yukari1_img_01-01.jpg

Yukari2
yukari2_img_01-01.jpg


そして今回ご依頼頂いたデザインはコチラ
zen_img_01.jpg


基本デザインは、墓地区画が2m✖2mですが、今回はこのデザインをおおよそ1m✖1mに収めます。

さて、どんなデザインになるか、腕の見せ所です。

続きは後日。



ご閲覧頂きありがとうございます。


石のきむら 木村

posted by キムラです。 at 17:08| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

ゴールデンウィークが始まりました

今年のゴールデンウィークは、最長で10日間という超大型連休ですが、今日の5月3日から連休となる方も多いと思います。

それでも、金曜日にお休みを入れれば6連休となるので、やはり大型連休になるでしょうね。

そこでゴールデンウィークはいつ頃から始まったのか、サクッと調べてみました。


ゴールデンウィークという言葉は、宣伝用の和製英語で、1951年(昭和26年)に、大映と松竹が競って製作上映した「自由学校」という映画が5月初旬の連休に公開された所、興行成績がとても良かったので、映画会社が正月映画、お盆映画に並ぶこの時期の動員を促す目的で作られた宣伝用語との事でした。


なるほどね。
昭和26年は私の生まれるずいぶん前の年代ですが、高度成長期に入る頃で、モーレツ社員がバリバリ仕事をこなし、なかなか休みを取る事は難しい時代だったかもしれません。


私もなかなか、連休を取る事が難しいので、今日はお墓の事から離れて、ひと時のバカンス気分を味わいたいと思います。



写真だけですが、リゾート気分を味わえるかな。

写真は、バリ島のヒンドゥ-教総本山ブサキ寺院です。

IMG_9154-2.jpg

IMG_9159-2.jpg

IMG_9205-2.jpg


南国のビーチです。  
IMG_9209-2.jpg

IMG_9254-2.jpg

IMG_9262-2.jpg

IMG_9265-2.jpg

IMG_9300-2.jpg

IMG_9301-2.jpg

IMG_9307-2.jpg

IMG_9309-2.jpg

IMG_9282-2.jpg

IMG_9296-2.jpg




少しはリフレッシュ出来たでしょうか。




ご閲覧ありがとうございました。


石のきむら 木村






posted by キムラです。 at 10:24| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

開眼式  晒の巻き直し

今日は完成してお引渡しも済み、お墓開きを待っていたお墓の開眼式(かいげんしき)です。

そして開眼式前日の昨日、お引渡し後に巻いた晒・晒布(さらし・さらしぬの)は、しっかりと汚れを吸収し、精入れ前の無垢な墓石を守ってきましたので、新しい晒布に巻き直してあげます。


お引渡し直後に巻いた晒
DSC_0220-2.jpg

開眼式前日に巻き直した晒
DSC_0363-2.jpg

DSC_0364-2.jpg



さて、ではなぜ完成した墓石に晒を巻くのでしょうか?

墓地へ行くと、真新しいお墓に白い布が巻いてあるのを見かけることがあると思います。
それが、完成してお墓開きを待っている、晒の巻いてある墓石です。


皆様もご存知の通り、墓石は「石」で出来ています。

なぜお墓は「石」で出来ているかというのは、後日改めてブログにアップさせて頂きますが、
私たちの住む日本の国は、古くから自然崇拝が生活の中に深く浸透していました。

山、海、土など実に多くの神様がいて暮らしの規律として守られ、信じられてきたようです。

また「岩」なども、神様が宿る対象として多く祭られています。

そして「石」、特に墓石に使われる「御影石」(花崗岩)は、地中に埋まっている岩石ですが、何億年、何十億年ととてつもなく永い年月をかけて出来上がった自然が作った生産物なので、そこから削り出された「墓石」には、何かが宿る、と考えられたのでしょう。

以前にもお墓に晒を巻く事に関してブログに書きましたが(コチラ→ 完成 晒(さらし)を巻く)
、晒の布は古くから神事には欠かす事の出来ないもので、今は木綿ですが、元々は麻布を天日に干して、真っ白にしたのを晒(さらし)としていたようです。

伊勢神宮ではお札を神宮大麻(じんぐうおおぬさ)として配布されていますが、昔はその名の通り大麻(おおあさ)が使われていたそうで、麻は厄除けや穢れ(けがれ)を拭い去る力を持つ繊維とされていたようです。
晒布は元は麻布だったので、晒を巻くことで無垢な状態のお墓を守るという理屈もうなずけます。

また、実際に汚れも防いでくれます。
お引渡し後にすぐ晒を巻きますが、何日か経つとカビが出ていたり、汚れもかなり目立ってきます。

空気中のカビ菌なども防いでいるのでしょうね。

お引渡し後、すぐにお墓開きをされるのなら巻き直しも必要ありませんが、タイミングを合わせてお墓開きの直前にお墓を完成させるのは、現実的に無理なことなので、2〜3週間前には完成する工程を組みます。

なので、どうしてもお墓開きまで何日か空く為、前日に綺麗な晒に巻き替え、お色直しをしています。

お引渡しまで「墓石」を守ってもらった晒布から新しい晒布にバトンタッチをして、お施主に除幕して頂きご家族の「気」を入れて頂くことで「お墓」になるのでしょう。




昔からしている事は、それなりの理由があるのですね。

完成.jpg


ありがとうございました。



石のきむら 木村
posted by キムラです。 at 12:39| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

引き墓 墓じまい

今日は、お墓の撤去です。

最近よく耳にする「墓じまい」ですが、テレビなどで放映されたせいか、とても多くなりました。
最近では「墓じまい」専門の業者もいるようです。

今のお墓と違って、以前は石を積み上げてあるだけの場合が多く、基礎も打ってないお墓も多くあります。
なので、石屋でなくても解体そのものはそれほど難しい作業ではないため、他業界の業者が始めるのでしょう。

心配なのは、解体後に回収した「墓石」をどのように処分しているか、という事です。
「墓石」は一般の廃棄物とは違い、処理できる所も限られるので、是非ともきちんとした処理をお願いしたいと思います。

でも、墓じまいをする理由がお墓の維持管理なら、わずかな金額で管理をさせて頂いてますので、是非ご相談頂ければと思います。

 年二回のお墓のお掃除、メンテナンス「千引の会」


作業前.jpg

作業後.jpg




ご閲覧頂きありがとうございました。

     石のきむら  木村










ラベル:墓じまい 引き墓
posted by キムラです。 at 13:24| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

カーサメモリア新規建立  Shiori1 Shiori2 TanakiNI YukariNI Nagomi 5種組み合わせの続き  豊田市


 先日、施主に何とかデザイン候補を絞り出して頂きましたが、それを元にさらに施主から色々ご希望をお聞きし、大まかなデザインが見えてきました。

新規建立  現地調査  豊田市集落墓地 (過去ログ)




ここまではこんな感じで進めて来ました。



まず、ご希望デザインから、さらにお気に入りの部分をお伺いし、図面を書く前に簡単に合成画像を作ってみます。

建立地
DSC_0059.JPG

YukariNIの合成
yukari2 イメージ.jpg

TanakiNIの合成
tamaki2 イメージ.jpg



墓石を建立される方は、すべての方が全くの白紙状態で、知りたい事がすぐわかる家電製品などと違い情報も少ないため、デザインの希望を私どもに伝える事はとても難しい作業となります。

なので、最初に簡単な合成画像を作り視覚することで、白紙だった所に基準となる情報が取り込まれます。
そうする事で、お客様もどんどんデザインのアイデアが生まれてきます。

あとは、そのアイデアを図面化して行くだけですので、私たちの作業もどんどん進んでいきます。


こんな感じで製作現場と打ち合わせを繰り返します。
zumensizi.jpg


さらに修正
iD406S.jpg


それを元に出来上がった図面がこちら
zumen.jpg


そのカラーパース
C-112 cp.jpg



図面が出来上がれば、使う石の量も数値化されるため、この段階でおおよその予算が把握出来ます。



ここまでで、第一段階です。

もちろん、ここでそっくりデザインが変わる事もあります。

デザインが変わる事なく、決定すれば、使用石材や彫刻内容、図柄の選定に入ります。

実は、ここからが一番施主の悩む所です。



さて、続きはまた後日。




ご閲覧ありがとうございました。



石のきむら  木村





posted by キムラです。 at 14:23| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

和型墓石完成   瀬戸市 城前墓地

和型墓石の完成です。


建立地
2016−4−3wagata.jpg

建立後
DSC_0234-2.jpg


これからお墓を建てられる方には、とても参考になるお墓だと思います。


基本中の基本となる作りですが、外柵(がいさく/墓地区画を明確にすると共に世界を分ける結界となる部材)は、こちらも基本となる4寸(約12cm)×5寸(約15cm)幅の巻石(角材の事)を使用してあります。

見て頂きたいのは、入り口の部分。

ご覧の様に入り口部分の外柵は、くり抜いたようになっていますが、これをくり階段と言います。
そしてこのくり階段部分の巻石が、無垢材からくり抜いてあります。

kurikaidann.jpg



この入り口部分をコストを下げるために三つの部材で組む事もありますが、基本は無垢材です。

無垢材を使う意味もありますが、誤解を招くこともありますので、割愛させて頂きますが、出来ればクリ階段は無垢材の方が良いと思います。




墓石もこの地方の基本となる和型三段墓で、スリンはありません。スリンとは一番上の縦に長い竿石(さおいし)の下に座布団の様に入っている部材です。
DSCN9362.JPG


いまはスリンのあるお墓が多くなっていますが、必ず必要な部材ではありません。


そして、墓誌版に、禅宗系では必要な卒塔婆立て(真宗大谷派などは卒塔婆がありませんので、卒塔婆立ては必要ありません)と、入り口から墓石に向かう拝石(はいせき)に、那智石(なちいし/黒玉石です 本那智石ではありません)の敷設。


とてもシンプルですが、やはり一番落ち着きのあるお墓の形かもしれません。





ご閲覧ありがとうございました。



石のきむら 木村




posted by キムラです。 at 20:27| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

開眼式  瀬戸市小田妻(おたずま)の墓地

素晴らしい春日和に開眼式です。

DSC_0263.JPG



抜けるような青空に 気持ちの良い風が吹き抜け、冬の間小さくなっていた体がグ〜ンと伸びあがるようです。
日本には春と秋があり、既設が明確に分かれているので節目節目を大切にする習慣が根付いたのでしょうか。



春は色々と新たなはじまりのある季節です。
また、畑には種まきや、苗の植え付けなど、収穫の秋に向かって新たな作業の始まりの季節でもあります。



今回のお墓は、純和風で外柵も延べ石による基本的な巻石外柵です。

名古屋型スリン付き墓石ですが、墓地も広いため、施主は九寸型でご建立されました。
最近では九寸以上でご建立される方は珍しく、これも今の世の中を反映しているのでしょうか。

使用した石種は、よごれも目立ちにくく、手入れも簡単な石材をご希望で、色も付いていた方が良いとのご希望でしたので、比較的石質も良い濃いグリーンの石種をご案内しました。


完成したお墓
DSC_0170.JPG


青空に映えますね。いいお墓が出来ました。


施主にご確認いただき、早速晒を巻きます。無垢で清浄な状態を開眼で精を入れるまで守ります。

DSC_0174.JPG



開眼式
DSC_0263.JPG




晒を取り精入れをしました。これでようやく「お墓」になった訳です。
DSC_0266.JPG





一つ一つお墓を作り、精を入れるのを立ち会う度に、私自身の心も清められていくように感じます。

仕事をさせて頂き尚且つ、ありがたい場に立ち会わせて頂けることに、いつも感謝しています。




私のような煩悩の塊は、もっともっと精進しなければいけませんね。合掌





ご閲覧ありがとうございました。



石のきむら 木村




posted by キムラです。 at 20:43| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

カーサメモリア+Kパネル免振工法!   shiori1にsoraの香炉デザイン  尾張旭平和墓園

今回も当店独自の免振基礎パネル工法、Kパネルをご採用頂きました。
Image11.jpg

Kpanel石のきむら.pdf

石のきむら 免振基礎Kパネル工法



この工法は、特殊なパネルを敷設することで、地盤と基礎を切り離し、家屋倒壊の原因となる「キラーパルス」を軽減する施工方法です。


キラーパルス参考サイト 住友ゴム工業株式会社 MIRAIE


また、同時に基礎と地盤を分離することで、地下からの永続的な湿気を遮断します。
常に上がってくる地下からの湿気は、降雨とは違い絶えず発生していて、それらが地上の建立物に悪影響を与えることは、よく知られていることです。

日本石材工業新聞にこれに関する記事が掲載されていましたので、掲載させて頂きました。
(転載お許しください。)
siryou.pdf


以前から当店では、この問題を軽減するため、基礎に防湿シートを敷設していましたが、この記事を読んで、さらに免振効果もプラスした工法が、Kパネル基礎工法です。


マイベストプロ 画期的免震基礎工法! K・PANEL キラーパネル


マイベストプロ 尾張旭市平和墓園 防湿シート敷設

お墓に防湿シート 過去ログ



従来の基礎は、圧接した地盤に割栗石を敷き詰め、コンクリートを流し込んで地面と一体化させる基礎の打ち方ですが、今でもほとんど、この基礎工法を行っていると思います。

中には、コンクリートの厚さを寒冷地ではない地域でも、50cm、60cmと厚く打つ業者もいるようです。
当然、その施工費は素晴らしく高額になると思いますが・・・。
実際、ある方から他店の請求内容の相談があり、見させてもらうと基礎工事が¥318.000となっていました。
弊社でも何度も工事に入っている墓地ですが、ごく普通の地盤の墓地です。強固な基礎が打ってあればまだしも
基礎内容は不明で未確認との事でした。

その請求書
MX-2310F_20160410_093524.jpg


また、最近は供養の仕方が多様化してきた結果、引き墓(墓じまい)がとても増えてきており、この流れは今後も続くと思います。将来引き墓もあり得ると考えられた方が良いかもしれません。

現に今のデザイン墓は、代々墓というより個人墓のイメージが強くなっています。
先々の御子孫が建て替えても良いと、それを前提に建立されるお客様が多くなっています。

その際の負担を軽くしておく事も必要かもしれません。kパネルや防湿シートを敷設する事で基礎撤去が素晴らしく軽減できるので、そういった意味でもこの工法は評価されているのでしょう。






すいません、前置きが長くなりましたが、そんな最新工法を取り入れ尚且つ、デザインも最新のカーサメモリアを採用したデザインがこちらです。

DSC_0209.JPG



舞桜のサンドブラストを多めに彫り、施主にお持ち頂いた旦那寺住職による書「和」を忠実に彫り入れました。

naritakeka sao.png



お墓の周りに白い玉石が敷設してありますが、これがkパネル免振基礎工法の特徴である「緩衝帯」です。
デザイン的にも綺麗だと思います。

DSC_0213.JPG





お引渡し時、施主ご家族にとても喜んで頂けたのが何よりです。

お引渡し後はすぐ晒を巻いて竿石を守り、後日 桜咲く春日和に無事建碑法要を執り行いました。

naritakekaigen.png




建ててみるとやはり黒御影は見栄えます。しかし手入れもそれなりに必要になりますので、建立後のメンテナンス(無料アフターサービス)にも気が抜けません。

石のきむらのアフターサービス
無料アフターサービス.jpg




最近の黒御影は、あの「深い艶」を出すため、OIL を塗っていますが(公表していませんが)、このOILを塗布した「艶」と塗布しない場合の「艶」をお客様に見て頂くために、サンプルを用意します。
やはり天然の「艶」がいいですよね。 







ご閲覧ありがとございました。



石のきむら 木村








posted by キムラです。 at 20:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする