2015年10月10日

墓地の区画整理〜尾張旭市聖平坂墓地(川南の墓地)

 石屋の仕事は、お墓を建てることはもちろんですが、墓地の補修や整理も業務の一つです。
今回は、地元集落墓地の新しい区画割のお仕事を承りました。

元は、一つの大きな区画だったようですが、それを再分割し、少しでも多くの方が、お入り頂けるように、
6つの新しい区画を設置する事になったようです。

最近は、墓地その物の権利(永代使用権 墓地は不動産と違って、土地その物の購入では無いのです。)
を取得することが難しくなり(墓地の空きがない)、特に近所にある古くからの集落墓地は特に難しくなっています。

その様な状況ですので、各墓地の管理責任者や、自治会総代は、なんとか墓地区画を増やそうと努力されておられますが、仲々難しい事のようです。

 こちらの墓地のように綺麗に区画割が進むといいですね。


区画割前
IMG_9349-2.jpg

IMG_9351-2.jpg

区画割後
完成2.jpg

完成1.jpg



 ありがとうございました。   木村







posted by キムラです。 at 20:11| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お墓の完成 お引き渡し 〜 尾張旭市旭平和墓園 N区画

 あっという間に夏が過ぎ、秋が訪れそして冬の到来を感じさせる季節になりました。

今年も例年のように気候が安定せず、六月、七月の長雨には、仕事がはかどらず、年後半の作業に大きな影響が出てしまいました。

台風も多かったですね。

そんな中、本日お墓が完成し、お引渡しとなりました。

旭平和墓園での完工です。

お施主にご確認いただき、まずはカバーを掛け後日、晒を巻かせて頂きます。
完成.jpg


 これから年末にかけてフル回転の作業が続きますが、天気が良いことを祈るばかりです。



お施主様には、今回寛大なご理解を頂き、心から感謝申し上げます。


 

 ありがとうございました。    木村










posted by キムラです。 at 18:43| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

お墓の完成 お引き渡し 〜 尾張旭市旭平和墓園 N区画

 オール黒御影での御建立です。

基本は和型。でもデザイン性も取り入れたいとのお施主のご要望もあり、今回は全面的に私にお任せを頂きました。


 やはり、今風のデザインとなれば、丘カロート型を取り入れるのが良いでしょう。

香炉の位置も高くなりますので、お墓参りの際にかがまなくてよいので、腰への負担が少なくなると思います。


最近、この丘カロートデザインを取り入れるケースがとても増えてきました。

和型、洋型問わず採用できますので、設計者側にとっても応用の効くデザインだと思います。



 さて、今回はオール黒御影ですので、やはり存在感は圧倒的で、艶も驚くほど綺麗に出ており

素晴らしいお墓が完成したと自負しております。

養生1.jpg



 カロート内(納骨室)の湿気を軽減するため、通気口を設け、さらに吸湿効果のある天然石を撒き、

吸湿剤を置きました。

これで湿気を吸湿剤が一時取り込み、晴れた日に発散させカロート内を快適に保ちます。


カロート内を撮影 奥に見える金具は耐震用のステンレス連結金具
カロート3.jpg



 今は、お墓に関する色々な製品が出ていますので、建墓の際は是非石屋さんに確認してみてください。




お墓は「終の棲家」とも言われる、次の居住空間だと捉えている方もお見えになられます。

少しでも快適な環境をご提案するのも、私共の使命かも知れません。





 ありがとうございました。    木村









posted by キムラです。 at 18:13| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

これで夕方のお客様にもご安心して お越しいただけます。  駐車場に水銀灯設置しました。

 日が、随分と短くなりました。

明日は、秋分の日です。



秋分の日は、二十四節気の十六番目の節気で、季節の変わり目を言い表しています。

一年を二十四に割って、細かく季節を表していますが、日本ならではの表現でしょう。



春 夏 秋 冬 の間に、日本ならではの気候を永年の経験で区切り、農作物などの種まきや収穫時期の参考

にもなり、地方によっては、その季節がやってくる前の準備期間の基準にもなっているかもしれません。




意識しなければ、ただ単に時間が過ぎていくだけですが、こんなきめの細かい季節感を表現出来る事が、

日本の素晴らしい感性を育てたのでしょう。




 秋分も過ぎると、「秋の日は釣瓶落とし」と言われるくらい、夕暮れが早くなります。

そんな夕暮れ時でも、安心してご来店いただけるように、駐車場に水銀灯を設置しました。

FullSizeRender-3-2.jpg

FullSizeRender1-2 cut.jpg


今でも、店の前に灯りは付けてありますが、ボヤ〜ッとした明るさなので、効果としては

今ひとつ、明るさが足りなかったようです。



いつもお値打ちに工事をしてくれる看板屋さんが、丁度いい看板用の電灯が入ったとの事で、ついでに

街頭看板にも電灯を付けてもらいました。

FullSizeRender-2-cut.jpg

FullSizeRender-5-2.jpg



 これで、道から遠く離れて見づらい看板も、ようやく日の目を見る事になりました。


この看板の灯り、LEDですので、電気代もとても少なく済むそうで、

ありがたや、ありがたやの一日でした。

kanban-2.jpg


 ありがとうございました。   木村

posted by キムラです。 at 18:19| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

お墓のご建立後 アフターサービス 〜千引の会(ちびきのかい)

 秋の彼岸がやって参りました。

なんとも素晴らしい秋空になり、このシルバーウィーク中は好天に恵まれそうです。


当店から尾張旭市平和墓園を望む 2015/9/20 16:05
IMG_9436.JPG



 この時期になると忙しくなるのが、当店のアフターサービスである「千引の会」の墓石メンテナンスです。


少し宣伝させて頂きすが、当店では御建立されたお墓すべてに無料で、アフターサービスの墓石メンテナンス
を年二回、3年間させて頂いております。



 内容は、お墓の前置き(香炉や花立てなど、普段のお掃除では取外さない部材)を一旦外し、そこに溜まった汚れや、墓石全体の清掃、また墓地内の草取りなどをして、墓石その物の状態や目地部の切れ、ハズレなどを点検します。

点検前
003 (2).jpg

点検後
004.jpg

点検前
004-4.jpg

点検後
005 (2)-5.jpg



そして点検前の状態と、メンテナンス後の写真を撮り、コメントを添えてお客様へその都度、郵送します。

006 (2).jpg

007 (2)-2.jpg

  

遠方の方や、ご都合で仲々お墓参りに行けない方、お体が弱くご自身では出向くことが困難なご高齢のお客様には、少しばかりお役に立っているのではないでしょうか。



 建てたら終わり、ではなく建ててからお客様とのお付き合いが始まります。

当然、施工にも気持ちが入ります。



 年間200基以上を点検していますので、建立後の石の状態がとても良くわかり、

私達にとっても、とても意味のあるメンテナンスサービスです。




ありがとうございました。   木村

posted by キムラです。 at 16:12| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

鍬入れ   尾張旭市平和墓園

 来月は、私達地元の市民祭が開催されます。

毎年の恒例行事ですが、延べで五万人もの人達が訪れる、人気の行事です。

パレードや、食べ物、バザー、出店などもあり、プラリとお散歩がてらに出向くのにも良いと思います。


 今年も出店致しますので、是非遊びにお越しください。

昨年の出店風景
__ 5-2.jpg


例年通り超破格値の天然石ブレスレット、アジアのお香や、ちょっとしたグッズも販売しますので、

お楽しみに。



 さて、今日は秋に改装されるお施主と、新しい墓地の鍬入れ式をさせて頂きました。

お墓を建立する時に必ずする事でもありませんが、お時間が取れればされた方が、これからのお墓づくりにお施主も参加するのだという、気持ちを引き締めるためにもお勧めします。

お時間が取れればというのは、鍬入れの日柄を見させて頂く為です。

大安とかの六曜ではなく、暦の十二直や廿八宿を見て、鍬入れに良い日柄をご案内しますが、当然平日になる事もありますので、日柄とご都合が合わない事もございます。

今回は、お施主の九星とも照らしあわせ、十一月十七日の、この日となりました。

十二直は「閉(とず)」廿八宿は「奎(けい)」、選日は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」となり、
とても良い日柄となっています。

(参考)
「閉」金銭収納、建墓に吉
「奎」建築、結婚、移転、神仏祭祀、旅行などに吉
「一粒万倍日」一粒の種が万倍にも実るという日。種まき、開業、土地・家屋の購入に吉


 正式な地鎮祭まではしませんが、簡単な「鍬入れ」だけでも充分、土の神様への報告になると思います。


後は、無事に工事を完了することに専念します。
IMG_9424.JPG

ありがとうございました。  木村





posted by キムラです。 at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

お墓開き 神道   尾張旭平和墓園

 爽やかな日が続いています。

もう、すっかり秋の雰囲気になっています。

さて、今日は神道のお施主のお墓開きがありました。

ご建立者のご子息は、現在インドへ赴任中のため、今日の為にはるばる戻って来られました。

余談ですが、お施主のお話によると、インドでは建築関係などにもふんだんに石材を使っているそうです。



インドの石は、固くて良いですから、

国内だけでなく、日本へも沢山お値打ちに輸出して欲しいものです。



 今回のお墓は、当店の免震基礎を採用した二基目の墓石となります。

__ 1-2.jpg


墓石の外柵廻りグルリに、隙間があるのがお分かりになりますか?

ココが、揺れが起きた際の緩衝帯になります。

仕上げは、そこへ玉砂利等を敷設します。

IMG_9378-2.jpg



この免震基礎工法は、二基ともお施主に試験施工の承諾を得て施工させて頂いており、もちろん

オプション料は頂いておりません。


特許申請中ですので、近いうちに詳細をご案内出来ると思います。


この免震基礎をご希望の方は、石のきむらまでお問い合わせ下さい。

現在なら、試験施工前提でオプション料無しで免震基礎をさせて頂きます。







 お墓開きも無事に済み、これからお施主ご家族様と永いお付き合いが始まります。


いつまでもご健康でありますように、合掌。



ありがとうございました。

















posted by キムラです。 at 17:28| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓の免震工法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

完成 晒(さらし)を巻く   尾張旭市平和墓園

 今日は忙しくさせて頂いた一日でした。

ほんとうに、有り難いことです。


午前中に、お墓開きがあり、別の区画で新規御建立のお引渡しを午後一番に行い、お店でお客様の対応を

させて頂いた後、また別の区画で完成したお墓に晒しを巻かせて頂きました。

IMG_9401-2.jpg




 墓石に晒の布をなぜ巻くのでしょうか。

それは、新しい墓石に他の霊魂(私独自の言い方としてご理解ください)が入らない様に墓石を守るためです。


墓石の元は、イザナギの命が黄泉の国から逃げ帰る時に塞いだ大岩だと言われていますが、

それで墓石は「石」でつくられるのです。


元々、日本は自然崇拝で神仏を崇めてきましたので、そういった理由からもお墓を「石」で作る事は、

自然の成り行きだったのでしょう。


なので、「石」には、魂がやどりやすいと思います。


私の叔父は、古い石職人でしたが(過去形なのは亡くなったのではありません。引退です)、常々、私に墓を作ったらすぐに晒を巻くようにと、言い伝えていました。



 そんな訳で、今回も完成後すぐに、晒を巻かせて頂きました。





ありがとうございました。




















posted by キムラです。 at 18:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

開眼式 〜 尾張旭市平和墓園 N区画

 今年は、気候が不安定のようで台風も多く、また二つ、こちらへ向かっているようです。

森の喧騒も、ツクツクボウシが目立つ様になり、台風一過のあとは、一気に秋空が広がりそうです。



今日、お墓開きをさせて頂きました。

__ 1kaigen.JPG

__ 2kaigen.JPG



台風で、天気が気になっていたのですが、雨模様になるのは明日からのようで、今日はいつもの真夏の日差しが照りつける、暑い一日となり、晴天のお墓開きとなりました。

今回のお墓は、純和風の名古屋型墓石で、とてもシンプルなお墓です。

戒名も竿石に彫り入れ、塔婆立てのみ設置させて頂きました。

__ 4kaigen.JPG



 
 最近は、当店でも80%近くがデザイン墓石となっています。


和風の落ち着き感は、やはり代えがたいものがありますので、デザイン墓石にこの和風の落ち着き感を

なんとか取り入れたいと思っています。

と、いうより、和風は和風のままで居たほうがいいのでしょうね。


 ありがとうございました。

















 
posted by キムラです。 at 14:13| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

お墓開き 〜 名古屋市八事霊園

 今日は、名古屋市の八事霊園で、お墓の建てかえによる、お精入れを行いました。

以前からあるお墓の建て替えをご用命いただき、今回のお墓開きとなります。

__ 2kenpi.JPG



やはり和型墓石からデザイン墓への建てかえですが、その理由は様々で、この機に、洋型へ変更される方も
多いようです。


今回は当店で一番人気のあるデザイン墓石です。

特徴は、ローソク立て。

__ 5kenpi.JPG


墓前灯篭の様に独立して設置し、風防が付いていますので、灯火が消えることなく、最後まできちんと役割を果たします。

それと、組み込み式の墓誌版。

今は、ほとんどのお施主が墓誌版を設置しますが、都市部の場合、どうしても墓地区画が小さくなるため、
墓誌版の設置スペース確保が難しくなります。

そんな場合は、今回のような組み込み式の墓誌が良いでしょう。

 また、今回の仕様石種はインド産の濃い緑系御影石、M-1-Sを採用しました。


インド産の緑系御影石は、M-1-Hが有名ですが、M-1-Hより石目が細かく、しっかりとした表情を見せます。

艶の出も良く、お勧めできる石種です。

M-1-S
M-1-S掲載.jpg






posted by キムラです。 at 20:15| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

お墓開き 〜 瀬戸市小田妻墓地

 好天が続いています。

素晴らしい空ですが、この暑さは正直こたえます。


 さて、今日は瀬戸市内の村墓地、小田妻(おだづま)墓地で、建碑式を行いました。

IMG_8787.JPG

IMG_8788.JPG

 シンプルでとても落ち着いたお墓が完成しました。

一見、少々物足りなさを感じるようですが、所々に少しデザインが施してあります。
そして、このシンプルなデザインは、お施主のご希望でもありますが、シンプルな分当然、お手入れも楽になります。

IMG_8701.JPG


 石目も細かく、上品な石材を採用しましたので、いつまでも落ち着いた佇まいで、お墓に訪れた方をお迎え頂けると思います。

 お施主様も、お年はお若いのですが、とても誠実な方で、私共を信頼して頂き、職人共々、気持よく作業を進めることが出来ました。

ありがとうございました。

これから、お施主とは、永いお付き合いが始まりますが、今後共よろしくお願い申し上げます。




 
 和型墓石の建立が、続いています。

また、御見積も最近は、和型が増えています。


 なにか、世相に変化があったのでしょうか。


関係の無い様で、実は世相が微妙にお墓創りに影響しているようです。

デザインしかり、彫刻内容然り・・・。



 いずれにしても、平穏であって欲しいものです。



ありがとうございました。




posted by キムラです。 at 22:07| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

お墓を整える

 先日、お店にお墓の草取りをお願い出来ないか、とお問い合わせの電話がありました。

もちろん、承りますと内容をお伺いした所、当店に電話をする前に、3件ほど業者に問い合わせをしたにもかかわらず、すべて断られたそうです。

信じられないのですが、内2件は電話の段階で断られ、1件は現場を下見した後、それっきりだったそうです。

直接お会いしてお話をお伺いしたのですが、とてもご高齢のお施主で、自分自身ではお墓のお掃除が困難になり、ご子息も遠方に在住のため、この度、業者に任せようと、問い合わせをされたとの事。

他に業者はいないものかと、電話帳を調べた所、同じ町内に当店があることをお知りになったそうです。


 当店は、一昨年に新店舗として移転してきましたので、存在をご存知なかったとの事でした。


お施主とご一緒に、墓地の確認をさせて頂き、御見積を提出させて頂き、御用命を頂きました。

__ 5.JPG


草取りをして、防草用にセメントを打ちます。

__ 7.JPG


雲行きが怪しかったので、セメントの養生が済むまで、シートで覆いました。
__.JPG


セメントの養生が済んだ後、那智石を新しく撒いて完成です。

IMG_8729.JPG


また、墓石に納骨室を設けてないという事で、小さいですが納骨室も墓地内に設けさせて頂きました。

 ご予算は、税込みで¥26.200となります。



この作業の後、当店のお墓管理サービスの千引の会へもご入会頂き、これからは、私共が責任をもって

お墓の管理をさせて頂くことになりました。


お盆の際の千引の会報告書添付写真です。
千引き2015-8-15-6.JPG

 ありがたい御縁を頂いたと、感謝しています。








ラベル:お墓のお掃除
posted by キムラです。 at 06:09| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

開眼式 〜瀬戸市春雨墓苑

 爽やかな朝です。

本日は、瀬戸市の公営墓地、春雨墓苑で建碑式を行いました。

 
 今回は、当店最新の簡易免震基礎、「Kパネル施工」最初の現場です。

「Kパネル施工」とは、当店がすでに標準で施工させて頂いている「防湿シート敷設施工」をさらに進化させた基礎打ち工法で、防湿シートの代わりに、一般住宅でも採用を検討中の特殊パネルを採用する事により、防湿プラス免震効果もあるとされる基礎打ち工法です。

 まだ、施工実績がありませんので、お施主にご了承の上、今回、初の「Kパネル」採用となりました。

IMG_8765.JPG


まずは、基礎打ちのための根切り(根堀)を30cm掘り下げます。
IMG_8353.JPG

そこへ、Kパネルを敷設し、基礎打ちを行いますが、他にも緩衝帯を設けたり、色々と複雑な工程が必要です。

しかし、考えているより実行あるのみと、今回のお施主のご理解の元、とても多くのデータを取得することが出来ました。


あとは、どこまでコストを下げる事ができるかが、ポイントとなります。


他にも、すでに2件のご依頼を承っていますので、出来る限り早い段階で、ホームページ上で公開したいと思っています。



 さて、今や当たり前となった中国での製作。

石材に限らず、あらゆる工業製品が中国で製作されていますが、その分、中国での加工技術の発展も素晴らしく、製作スピード、技術、仕上げ精度は、もはや日本を上回っているかもしれません。

当然、日本は、一番の大お得意様なので、出荷時の検品も厳しく、必ず出荷前に一度仮組みをしています。

SE15-529-4(3).jpg

それでも、ダメだとクレームを出す石屋さんもいるようで、日本向けの製品には、神経ピリピリで製作に携わっているようです。
大変ですね。お疲れ様です。


 仕上がったお墓です。

IMG_8636.JPG

素晴らしいですね。

責任の所在を明確にします。
IMG_8646.JPG




最新の施工と、細心の注意を払って製作された墓石。

素晴らしい好天の中で、開眼式が執り行われました。

IMG_8679.JPG



 ありがとうございました。










posted by キムラです。 at 21:04| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓の免震工法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

大切な 大切な亡き人への想い 真心込めて創りました。カーサメモリア haku + nagomi    

デザイナー墓石は、そのままのデザインでも、もちろん構わないのですが、

各デザインで気に入った部分を組み合わせて、その人の為だけのカスタムデザインを創り上げる事が、

最も利用価値のある事だと思います。

もちろん、それに費やす時間や手間は、お客様も同じように必要になってきますので、自然と心のこもった

お墓が出来がります。



今回のお施主は、とてもお若い方で思いも強く、私共も同じ思いでお墓のデザイン製作に取り掛かりました。



まず、基本なるデザインを選んで頂きました。

カーサメモリア HAKU です。

このHAKUを基本に、他のデザインからバランス的に合う部材を選択します。

今回は、NAGOMIデザインより竿石のデザインを採用しました。


カーサメモリア HAKU
haku_01.jpg

カーサメモリア NAGOMI
nagomi_img_01.jpg



 お施主のアイデアにより、台石部分をHAKUで、竿石のみ他のデザインをとのご希望で、数点の中から
お選び頂きました。

当然、オリジナルのデザインとは、墓地のサイズも違いますので、全体のバランスも調整しながら
各部材のサイズも調整します。


出来上がったデザインがこちら ↓
CP-2.jpg



ただ単に、オリジナルデザイン(カーサメモリアの基本デザインは2m×2m)の間口と奥行のみ

変更すると、とてもバランスの悪いデザインになってしまいます。

外柵を小さくすれば、それに合わせて墓石本体も同じ比率でサイズに合わせます。

逆に墓地が大きくなれば、同じ様に大きくします。



今回は、彫り入れる文字の書体も、お施主にご提出頂き、彫刻をしました。
kasa haku.jpg


 

 お墓開きです。
IMG_8566.JPG



今回のお施主は、とても若くして奥様がお亡くなりになられましたので、ご友人の方々も多く参列され

亡き友を偲び、嗚咽の声も漏れ聞こえ、私も目が潤む思いでした。

kaigen.jpg
 




 毎日の様にお墓の仕事をしていますと、ややもすれば、人生の終焉に対しての気持ちの重さを勘違いしかねません。


「お墓」というのは、お亡くなりになられた方がお入りになる「終の棲家」であり、さらに言えば、日本古来から連綿と伝えられ、宗教をも超越したその家族の絆を象徴する本質そのものです。


とても責任の重い仕事に携わり、私自身も自負していますが、それに負けることのないよう、これからも精進していかなければと、強く思った、お墓開きでした。


 ありがとうございました。   合掌







posted by キムラです。 at 21:56| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーサメモリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

開眼式(かいげんしき) 尾張旭市平和墓園

 天候不順が、当たり前のようになった昨今ですが、この日は見事に晴れ上がりました。

ありがたい事です。


今回のお墓は、納期が一ヶ月なかった為、当店の未開封在庫を採用させて頂きました。

純和型で、白御影の落ち着いた墓石です。


シンプルなデザインが、最近は多くなっていますので、和型墓石もスリンなどの無い、以前のデザインで

ご建立される方が多くなってきたような気がします。


 お墓開きには、ご希望であれば供花も当店で承っていますが、この供花、お付き合いのあるお花屋さんに

お願いしているのですが、

今回はなんと、蘭の花が入っておりました。

__ 14-2.jpg

蘭の花があると、さすがに豪華になります。

__ 13-2.jpg




 こういったサプライズは、とても嬉しいものですね。

届けてくれた花屋の奥さんも、心なしかにこやかに「蘭の花、入れておきました」と、

小さな声でささやきながら、渡してくれました。



お施主様にもきっと喜んで頂けると思います。


ありがとうございました。















ラベル:尾張旭市
posted by キムラです。 at 19:09| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする